ホーム |  お知らせ |  かん子の予定 |  サイトマップ |  お問い合わせ  


かんこしんぶん
通信販売に関して
リンクのご案内
図書館用品はお任せください!
サイト内検索
ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録


こちらのコンテンツでは、かん子先生おすすめの本を一日一冊ずつ、ご紹介しています!
特に図書館司書の方は必見です!


赤木かん子の「今日の一冊 Total:1066 (1066)

   

全リスト(最新順)

11 番〜 20 番を表示 (全 1066 枚)« 1 (2) 3 4 5 6 7 8 9 10 11 ... 107 »

ぴりふわつーん 4

ぴりふわつーん 4
著:青木幸子

「ぴりふわつーん」の4が出ました!
スパイス、の話です。
だから、分類は料理でも食育でも可!

コミック: 176ページ
出版社: 芳文社

2018/11/05 更新

→ かん子のブクログへ

速効! 5分で伸びる! 子どもの走り方トレーニング

速効! 5分で伸びる! 子どもの走り方トレーニング
著、編集:木村 匡宏

とても文字が大きく、デザインもわかりやすく、使えそうな一冊です。
どういうトレーニングをすればいいのか、具体的に書いてあって、呼吸をする練習や、背骨を目覚めさせるやりかたなど、自分でも使えそう。
学校は買い!
でしょう。

単行本: 80ページ
出版社: 東洋館出版社

2018/11/02 更新

→ かん子のブクログへ
まんが学術文庫 シリーズ

まんが学術文庫 シリーズ
●ツァラトゥストラはかく語りき
●カラマーゾフの兄弟
●六韜
●政談
●幸福について
●罪と罰
●歎異抄
●群衆心理

マンガで読破、シリーズが、いや、そのシリーズが、というわけではないですが(編プロが一緒?)マンガシリーズが講談社から出始めました。
高校は、これも買っといたほうがいいでしょう。

2018/11/01 更新

ブクログサイトはこちらから
→ かん子のブクログ

空気は踊る、摩擦のしわざ、泡のざわめき、粒でできた世界

空気は踊る、摩擦のしわざ、泡のざわめき、粒でできた世界
(ワンダー・ラボラトリ)
著:結城 千代子、田中 幸
イラスト:西岡 千晶

このシリーズ、上手!
まあ、小学校にはまだ無理かも、だけど、高校には入れたい!
理系強かったら中学も。

出版社: 太郎次郎社エディタス

2018/10/31 更新

ブクログサイトはこちらから
→ かん子のブクログ

しろさんのレモネードやさん

しろさんのレモネードやさん
著:松 雅美
絵:矢原 由布子

というわけで、買ってや。
「しろさんのレモネードやさん」

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ 

10歳の男の子がNHKに届けた1通の手紙「絵本を作ります。小児がんを知ってほしい」
文春オンライン2018年09月29日07時00分
http://topics.smt.docomo.ne.jp/article/bunshun/nation/bunshun-9079?utm_source=dmg&utm_medium=4

大型本: 40ページ
出版社: 吉備人出版

2018/10/30 更新

ブクログサイトはこちらから
→ かん子のブクログ

まちのくるま

まちのくるま
著:コヨセジュンジ

北海道のかぴ、からの情報です。

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ 

この本、ヒット!
「まちのくるま」

働く車の写真絵本の読み聞かせで飽き飽きしてる人向け!
絵はかわいいけど、本格派だから、マニアックな幼児も満足してる〜!
紹介して〜!
😄
だそうです。

2018/10/29 更新

ブクログサイトはこちらから
→ かん子のブクログ

戦争なんか大きらい! :絵描きたちのメッセージ

戦争なんか大きらい! :絵描きたちのメッセージ
著:子どもの本・九条の会

これは学校は買い!
でしょう。

単行本(ソフトカバー): 120ページ
出版社: 大月書店

2018/10/26 更新

ブクログサイトはこちらから
→ かん子のブクログ

はじめての魚類学

はじめての魚類学
著:宮崎 佑介
写真:福井 歩

山口さん情報

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ 

オーム社
『はじめての魚類学』
2800円税別
子どもの本に関わっていると、特に生き物系では、美しさや可愛らしさ、特異さなどが強調されて、肝心のその生き物はそもそも何目で何科なのか、というとこがすっ飛ばされていたりして、ギリギリ歯を鳴らすことも多い。
このオーム社の新刊は、そもそも魚類とは生物の中でどこに位置するのか、や、棲みかとなる水辺にはどんな種類があるのか、など、基本的に知っておくべきことが丁寧に書いてある。
観察するための装備や、飼育の方法、詳しく知るためにはどう調べるかなど、『魚類沼』に誘うための情報がしっかり載っている。
子どもたちからの質問で、どの本にも載っていなくて困った経験のある学校司書も多いはずだ。
この本なら、魚関係はだいぶカバーしてくれるはず。
ぜひ、全国の学校図書館においてほしいと思った。

単行本(ソフトカバー): 160ページ
出版社: オーム社

2018/10/25 更新

ブクログサイトはこちらから
→ かん子のブクログ

からぬけ落語用語事典

からぬけ落語用語事典
著:本田 久作

公共の時代劇コーナーか落語コーナー、高校にはあったほうがいい一冊でしょう。
ほかのところでは出てこない言葉がかなり載ってます。
日本の文学を読み解くにははそれまでの文化の蓄積が必要なので、ほかの辞書に載っていなかったらこれをみてみると結構見つかります。

単行本(ソフトカバー): 320ページ
出版社: パイインターナショナル

2018/10/24 更新

ブクログサイトはこちらから
→ かん子のブクログ

マダムジョーカー22

マダムジョーカー22
著:名香 智子

「マダムジョーカー22」出ました!
蘭奈に男の子が生まれました。
展開の早いマンガだ😄
前巻で、どうやってマンガ描くかを描いてましたが、次のページ白紙だそうです。
根っからのストーリーテラーだねぇ。
平積みされないと思いますが、面白いんです、このシリーズ。

コミック: 178ページ
出版社: 双葉社

2018/10/23 更新


ブクログサイトはこちらから
→ かん子のブクログ


11 番〜 20 番を表示 (全 1066 枚)« 1 (2) 3 4 5 6 7 8 9 10 11 ... 107 »