ホーム |  お知らせ |  かん子の予定 |  サイトマップ |  お問い合わせ  


かんこしんぶん
通信販売に関して
リンクのご案内
図書館用品はお任せください!
サイト内検索
ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録


こちらのコンテンツでは、かん子先生おすすめの本を一日一冊ずつ、ご紹介しています!
特に図書館司書の方は必見です!


赤木かん子の「今日の一冊 Total:1003 (1003)

   

全リスト(最新順)

41 番〜 50 番を表示 (全 1003 枚)« 1 2 3 4 (5) 6 7 8 9 10 11 12 13 14 ... 101 »

交響曲「第九」 歓びよ未来へ! 板東俘虜収容所 奇跡の物語

交響曲「第九」 歓びよ未来へ! 板東俘虜収容所 奇跡の物語
著:くすのきし げのり
イラスト:古山 拓

徳島県にあった、坂東捕虜収容所、のことをご存知でしょうか?
捕虜も人間、国のために戦った人だ、と、とても人道的に運営された、奇跡の収容所、といわれているところです。
捕虜といってもそれまでは普通の人々なので、なかにはパン屋さんや肉屋さんや音楽家などもいたので、ドイツパン作ったりソーセージ作ったり、オーケストラ作ったりして、町の人に聴かせたり教えたりしてたそうです。
そこで、日本ではじめて第九を歌ったので、いまでも六月になると坂東市では第九を歌う……。
12月じゃなくてね。

そういうわけで彼らは国に帰ったあとも日本に戻ってきて暮らした人もいたし、向こうでバンドー会なんてのを作って交流してたりして日本に対していい思い出をずっと持ってくれた……。
ポプラ社から「響け!歓喜の歌声」という本が出てます。
詳しいことはそちらを見てください。

いじめれば憎しみしか生まないし、大事にすれば幸福と親愛が生まれる……。
それがちょうど1918年、100年前なのです。

くすのきさんが、坂東出身とは知りませんでした。
この絵本、作ってくれてありがとうです。
みんな、六月の読み聞かせにはこの本を読もう!

単行本: 46ページ
出版社: PHP研究所

2018/06/15 更新

ブクログサイトはこちらから
→ かん子のブクログ

イクバル 命をかけて闘った少年の夢

イクバル 命をかけて闘った少年の夢
著:キアーラ ロッサーニ
絵:ビンバ ランドマン
訳:関口英子

四歳で絨毯工場に売られ、1日12時間働かされていたイクバルの伝記です。
彼は9歳のときに工場から逃げ出し、訴え、工場から解放されたあと、弁護士目指して勉強していました。
けれども12歳の時、銃で打たれて即死したのだそうです。

でもそれをきっかけに、児童労働に反対する運動は盛んになり、いまではイクバルは児童労働反対のシンボルのように、語られるようになりました。
彼を守れなかったのは、痛恨の極みです。
学校には買って、ぜひ、子どもたちに読んで解説してください。

大型本: 111ページ
出版社: 西村書店

2018/06/14 更新

ブクログサイトはこちらから
→ かん子のブクログ

あのとき、そこに きみがいた。: 2016年4月 熊本地震の現場から

あのとき、そこに きみがいた。: 2016年4月 熊本地震の現場から
著:やじま ますみ

熊本地震のとき、避難所にいたひとの目から、黄色いシャツを着て、きぶきびと働いていた中学生ボランティアの姿を描いた絵本が出ました。
助けにきてくれた人たちの姿に励まされた、そうです。
学校は買い!
でしょう

大型本: 35ページ
出版社: ポプラ社

2018/06/13 更新

ブクログサイトはこちらから
→ かん子のブクログ

世界でいちばん素敵な元素の教室

世界でいちばん素敵な元素の教室
監修:栗山恭直(山形大学)、東京エレクトロン

新しい元素の本です。
説明が秀逸!
‘‘楽しい’’と豪語するだけのことはあります。
買い!

単行本(ソフトカバー): 160ページ
出版社: 三才ブックス

2018/06/12 更新

ブクログサイトはこちらから
→ かん子のブクログ


ぴかぴか 深海生物 (けったいな生きもの)

ぴかぴか 深海生物 (けったいな生きもの)
著:エリック ホイト、
翻訳:北村 雄一

このシリーズは全部買い!
でいいでしょう。
写真きれい。
説明、わかりやすいです。

単行本: 67ページ
出版社: 化学同人

2018/06/11 更新

ブクログサイトはこちらから
→ かん子のブクログ


すごいぞ!ニッポン美術

すごいぞ!ニッポン美術
著:結城 昌子

日本画のガイドブックです。
一冊はそういう本が欲しかったので買い!

大型本: 57ページ
出版社: 西村書店

2018/06/08 更新

ブクログサイトはこちらから
→ かん子のブクログ


とり (ちいさな手のひら事典)

とり (ちいさな手のひら事典)
著:アンヌ・ジャンケリオヴィッチ
監修:上田 恵介

でました!
ちいさな手のひら事典!
超可愛い!
重み、サイズ、色使い、デザイン、最高!
ふちが金色なのも素敵。
買いでしょう!
シリーズでてます。

単行本: 176ページ
出版社: グラフィック社

2018/06/07 更新

ブクログサイトはこちらから
→ かん子のブクログ


ビーカーくんのゆかいな化学実験: その手順にはワケがある!

ビーカーくんのゆかいな化学実験: その手順にはワケがある!
著:うえたに夫婦

ビーカーくん、の続編が出ました。
いろいろな実験のやりかたについてわかりやすく説明をしてくれます。
買いでしょう!

単行本: 159ページ
出版社: 誠文堂新光社

2018/06/06 更新

ブクログサイトはこちらから
→ かん子のブクログ

ベビー パンダ あかパン

ベビー パンダ あかパン
編集:パイ インターナショナル

とてもウケます。
赤ちゃんパンダの写真集です。

単行本(ソフトカバー): 104ページ
出版社: パイインターナショナル

2018/06/05 更新

ブクログサイトはこちらから
→ かん子のブクログ


おっぱいの進化史

おっぱいの進化史
著:浦島 匡 、並木 美砂子、福田 健二

これは学校用ではありませんが、私は面白かった本です。
哺乳類というのはおっぱいを与えるからつけられた名前で、おっぱいはとても重要なのですが、いままで初期の哺乳類には乳首がなかった、とか、じゃ、どうしてたのか、とか、そこらへんの話が書いてある本が見つけられなかったのです(少なくとも私に読める範囲の本では……)
かといって、じゃあ、だれに薦められるか、と考えたら出井くんくらいしかいないのですが😄
(乳酸菌の話がでてるし)
公共には、入れてね!

単行本(ソフトカバー)
出版社: 技術評論社

2018/06/04 更新

ブクログサイトはこちらから
→ かん子のブクログ


41 番〜 50 番を表示 (全 1003 枚)« 1 2 3 4 (5) 6 7 8 9 10 11 12 13 14 ... 101 »