ホーム |  お知らせ |  かん子の予定 |  サイトマップ |  お問い合わせ  


かんこしんぶん
来年度の購読会員は受け付けておりません。
通信販売に関して
リンクのご案内
図書館用品はお任せください!
サイト内検索
ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録


こちらのコンテンツでは、かん子先生おすすめの本を一日一冊ずつ、ご紹介しています!
特に図書館司書の方は必見です!


赤木かん子の「今日の一冊 Total:1121 (1121)

   

全リスト(最新順)

51 番〜 60 番を表示 (全 1121 枚)« 1 2 3 4 5 (6) 7 8 9 10 11 12 13 14 15 ... 113 »

バイオ技術者・研究者になるには

バイオ技術者・研究者になるには
著:堀川 晃菜

“なるには”シリーズもだいぶデザインが変わって読みやすくなりました。
こういう仕事を入れてくれるのはありがたいですね。
これは、買い!

単行本(ソフトカバー): 162ページ
出版社: ぺりかん社

2018/11/28 更新

→ かん子のブクログへ

美術ってなあに?

美術ってなあに?
著:スージー・ホッジ
翻訳:小林 美幸

子どもが読める、美術について考える、とか観賞のしかた、みたいな本はあまりないので、これは買い!ですね。
小・中・高で使えます。

単行本: 95ページ
出版社: 河出書房新社


2018/11/27 更新

→ かん子のブクログへ

Children's Illustrated Thesaurus

Children's Illustrated Thesaurus
著:DK

英語の類語辞典です。
またしてもDKです。
かなり、図鑑と雰囲気は違いますが……。
ひとつの単語、たとえば
“大きい”のまわりに、類語がイラストつきでちりばめてある、という、実に分かりやすい作りで、英語で調べ学習、に使うにはもってこいです。
TRCを通じて「絵本の家」から買えます。
http://www.ehon-house.co.jp

ハードカバー: 256ページ
出版社: DK Children

2018/11/26 更新

→ かん子のブクログへ

おおきく振りかぶって(30)

おおきく振りかぶって(30)
著:ひぐち アサ

出ました!
怒濤の30巻!

しかし、四月に入学してまだ秋だぞ?
それで30巻て……。
どこまで描くんだ😄?
まあ、ついていきますとも!

コミック: 208ページ
出版社: 講談社

2018/11/22 更新

→ かん子のブクログへ



凍りの掌

凍りの掌
著:おざわゆき

おじいちゃんが語った、シベリア抑留をマンガ化したものですが、凄いよ。
図書館には買い!
そして
一回は読んでみるべきでしょう。

コミック: 262ページ
出版社: 小池書院

2018/11/21 更新

→ かん子のブクログへ

自衛隊防災BOOK

自衛隊防災BOOK
編集:マガジンハウス
自衛隊/防衛省協力

使える防災の本です。
災害のときは、知識=力になるので、学校にいれ、読んでおいてください。

単行本(ソフトカバー): 155ページ
出版社: マガジンハウス

2018/11/20 更新

→ かん子のブクログへ

メタモルフォーゼの縁側 1

メタモルフォーゼの縁側 1
著:鶴谷 香央理

本屋でアルバイトをしてた女子高生、うらら、人見知り、とたまたま本屋に入ってうっかりBLを買ってしまった市野井雪、75歳(とても有能)書道の先生、がともだちになっていく話です。

うららさんは自分に自信がないタイプ、ですが、まっすぐで人の外側じゃなく中味を見る力があるんだよね。
で、市野井さんはいまどきの75歳だから、若いときには「ベルサイユのバラ」だって読んでた……。
みかけはしわしわでも、中味はいわゆる年寄り、ではないわけです。

これも2017年からの連載で、新しい流れの一つだな、と思います。

でもってこれは、なんと、西澤保彦氏に紹介していただいたマンガなのです。
いま、イチオシ!
だそうで、確かに……。
いいわ〜、これ……。

掲載されてる雑誌が「ニュータイプ」らしく、教えてもらえなければ見つけられないマンガでした。
そこまで読んでない……。

ありがとうございました!

コミック: 146ページ
出版社: KADOKAWA

2018/11/19 更新

→ かん子のブクログへ

これから見られる日食と月食データブック

これから見られる日食と月食データブック
著:片山 真人

年に30万の予算じゃここまでは買えないけど、こういう本もあるんだ、と覚えておきたい(ついでにいざというときのために公共にはリクエストして入れてもらっておこう。公共なら見たい人はたくさんいるだろうし、入れとけば借りられるからね)一冊です。

公共図書館は、学校図書館の書庫!
常日頃チェックして、本を揃えておきましょう。

単行本: 278ページ
出版社: 誠文堂新光社

2018/11/15 更新

→ かん子のブクログへ

月とアポロとマーガレット: 月着陸をささえたプログラマー

月とアポロとマーガレット: 月着陸をささえたプログラマー
文:ディーン・ロビンズ
絵:ルーシー ナイズリー
訳:鳥飼玖美子

どういうわけか、最近女性の伝記絵本が立て続けに翻訳されました。
ありがたいことです。
これも2017年効果、かな。
自然科学のジャンルでも、女性は長いこと、いえ、今でも差別されてきました。
(ノーベル賞の受賞者の少なさを見れば一目瞭然でしょう)
これはアポロ計画が挫折しかかったとき、それを救ったのは一人の女性のプログラムだったんだよ、という話です。
日本でこれを知っている人はほとんどいないと思いますので、まずは大人が読んで。
それから子どもたちにも読み聞かせしてください。
聞いている子どもたちのなかから、未来のマーガレットが出てくる可能性は大なんですから……。

大型本: 32ページ
出版社: 評論社

2018/11/14 更新

→ かん子のブクログへ

つばさ文庫

つばさ文庫
つばさ文庫、まとめて...です。





2018/11/13 更新

→ かん子のブクログへ


51 番〜 60 番を表示 (全 1121 枚)« 1 2 3 4 5 (6) 7 8 9 10 11 12 13 14 15 ... 113 »