ホーム |  お知らせ |  かん子の予定 |  サイトマップ |  お問い合わせ  


かんこしんぶん
通信販売に関して
リンクのご案内
図書館用品はお任せください!
サイト内検索
ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録


こちらのコンテンツでは、かん子先生おすすめの本を一日一冊ずつ、ご紹介しています!
特に図書館司書の方は必見です!


赤木かん子の「今日の一冊 Total:694 (694)

   

全リスト(最新順)

61 番〜 70 番を表示 (全 694 枚)« 1 2 3 4 5 6 (7) 8 9 10 11 12 13 14 15 16 ... 70 »

きのこ (ちいさな手のひら事典)

きのこ (ちいさな手のひら事典)
著:ミリアム・ブラン
編集:いぶき けい

すっごい、可愛い!
手のひらに乗るサイズのキノコの本だよ。
表紙はふかふかハードカバー!
小口は金色!
これで猫もあるって。
絶対、買い!

単行本: 176ページ
出版社: グラフィック社
サイズ: 15.6 x 10.6 x 2.5 cm

2017/01/27 更新

くまくん、はるまで おやすみなさい

くまくん、はるまで おやすみなさい
作・絵:ブリッタ テッケントラップ
訳:石川素子

はじめて冬ごもりするクマの子どものお話。
絵も可愛くて、読んでやるのに向きます。
クマの一年仔がお母さんグマと冬眠するなんて知らなかったわ〜

大型本: 32ページ
出版社: 徳間書店
サイズ: 28.2 x 21.2 x 1.2 cm

2017/01/26 更新

大坂城 絵で見る日本の城づくり

大坂城 絵で見る日本の城づくり
著:青山 邦彦
監修:北川 央

城好きのための一冊です。
なので、年齢は問わないと思います。
公共図書館は、時代小説のとなりに建築のところから“日本の城”だけ持ってきて、棚を作るといいよ。
売れます!
というか、借りていかない人も多いけど、めっちゃ見ます。

単行本: 36ページ
出版社: 講談社
サイズ: 31.5 x 23.5 x 1 cm

2017/01/25 更新

ぜったいひとつだからね (チャーリーとローラ)

ぜったいひとつだからね (チャーリーとローラ)
著:ローレン チャイルド
訳:木坂 涼

ローレン・チャイルドの新作、でました!
旧版も改訂版が出てるみたい。
小学校、買い!です。

大型本
出版社: フレーベル館
サイズ: 28.3 x 25.8 x 1 cm

2017/01/24 更新

ジョージと秘密のメリッサ

ジョージと秘密のメリッサ
著:アレックス・ジーノ
翻訳:島村 浩子

遂に、LGBTQの物語が出ました。
翻訳ものだけど。
(日本の話が早くでないかな)
今年からは性教育、もしくは危機管理、の棚の隣にLGBTQ(最近、Qも入りました。LGBT以外の人たちもいる、ということで)の棚を作ってください。

というわけでこれは買い!
でしょう。
もちろん、文学ではなく、LGBTQの棚に分類してください。

単行本: 222ページ
出版社: 偕成社
サイズ: 20 x 14 x 2.5 cm

2017/01/23 更新

バレエ物語集

バレエ物語集
著:ジェラルディン・マコックラン
訳:井辻朱美
絵:ひらいたかこ

バレエシリーズも10冊になりました。
バレエのストーリーがわかる本はこれしかないので、これは入れといてください。
文学……ではなく、ダンス、のところに分類、お願いします。

単行本: 193ページ
出版社: 偕成社
サイズ: 22 x 16 x 2.5 cm

2017/01/20 更新

ふたりはバレリーナ

ふたりはバレリーナ
著:バーバラ・マクリントック
翻訳:福本友美子

バレエを踊るバレリーナと、それを見に行くお客の女の子、の話です。
年は違っても二人は同士です。

“あなたのように踊りたいと思った……”
“私もあなたくらいのとき、そう思ったのよ”

最後、楽屋にいったときに二人はそういいあいます。
全員、とはいかないでしょうが、この絵本を読んで、そう、私も……、とお腹のなかでつぶやく子どもは確実にいるはずです。
絵本ではなくて、ダンス、に分類してください。

大型本: 32ページ
出版社: ほるぷ出版
サイズ: 27 x 25.5 x 1 cm

2017/01/19 更新

明日の平和をさがす本 戦争と平和を考える絵本からYAまで300

明日の平和をさがす本 戦争と平和を考える絵本からYAまで300
著:宇野 和美、さくま ゆみこ、土居 安子、西山利佳、野上暁

岩崎書店が作ってくれました。
戦争本ガイドブックです。
戦争本は多過ぎて、まとめきれないものですが、最近の、あまり知られてないような本も拾ってくれています。
学校は買い、でしょう。
子どもたちに、こういうタイプの本があるよ、ということと使い方を、学校図書館は教えなければなりません。
特に小学校では子どもたちがガイドブック、というものを覚えると、本を見て、リクエストしてくるようになります。

各出版社の出版リストも、本当は司書は揃えて子どもたちに使い方を教えなければなりません。
そういうリストは葉書一枚、電話一本でただで送ってもらえるんです。
集めたほうがいいでしょう。

ブックガイドコーナーを作っておいても、宣伝しなければ使われません。
取説を説明しなければ使ってもらえません。
作って満足、ではなくて、使われる、ようになって初めて“作った”ことになるのです。
せっせと解説、しましょう。

単行本: 288ページ
出版社: 岩崎書店
サイズ: 21 x 14.8 x 1.8 cm

2017/01/18 更新

12月のつばさぶんこ、です。

12月のつばさぶんこ、です。
2016年12月のつばさぶんこ、です。

2017/01/17 更新

BOOKMARK(ブックマーク)06

BOOKMARK(ブックマーク)06
第6号『明日が語る今日の世界』
発行人:金原瑞人


金原氏が作ってるミニブックレット6、は“SFは政治小説である”という星野智幸氏の刺激的な文章で始まる……。
そういわれれば確かに……。
古くはアイザック・アシモフの「銀河帝国の興亡」シリーズだって、社会の変化がテーマなのだから。
というわけでわりとハードな正統派の未来小説が16冊……。
小・中では無理だけど、公共なんかだったら、このブックレットのコピーつけて展示したら案外売れると思う。
どの本も、本そのものの力もさることながら、キャッチコピーの名手が書いているのだから。

2017/01/16 更新


61 番〜 70 番を表示 (全 694 枚)« 1 2 3 4 5 6 (7) 8 9 10 11 12 13 14 15 16 ... 70 »