ホーム |  お知らせ |  かん子の予定 |  サイトマップ |  お問い合わせ  


かんこしんぶん
通信販売に関して
リンクのご案内
図書館用品はお任せください!
サイト内検索
ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録


こちらのコンテンツでは、かん子先生おすすめの本を一日一冊ずつ、ご紹介しています!
特に図書館司書の方は必見です!


赤木かん子の「今日の一冊 Total:947 (947)

   

全リスト(最新順)

601 番〜 610 番を表示 (全 947 枚)« 1 ... 52 53 54 55 56 57 58 59 60 (61) 62 63 64 65 66 67 68 69 70 ... 95 »

移行化石の発見

移行化石の発見
著:ブライアン・スウィーテク
訳:野中香方子

この三日間、ずーっとこの一冊にかかりきりでした。
そのあいだ、ほかの本は「三月のライオン10巻」しか読んでません。
なので、今日の紹介は長いです。
移行化石、という言葉に馴染みがないので、正直日本名のタイトルは失敗したな、と思います。
もちろん移行化石について書いてある本なので、タイトル通りっちゃ通りなのですが、古生物学者の間では当たり前の言葉でも、シロートは知らない……。
だからこのタイトルじゃ、手が出ないよね、と思います。
でもこの本は、そのシロートにわかってもらいたいと思って書かれたであろう一冊だと思うんです(私が読んでもなんとかわかるし)。

移行化石というのは、ダーウィンが「進化論」でいった、生物は変化していくものならば、その途中の化石があるはずだ、からきています。
でもダーウィンの時代には見つけられず、それが進化論の最大のネックだったそうなのです。
要するに、証拠がないわけですから。
ところがそれがここ20年のあいだにバンバン見つかってるよ、というのです!

でもってこの本の著者は教育実習にいって、クジラは啼目の陸上生物から進化した、という話をしようとしたら、校長先生に進化論はやめてくれ、といわれた……。
昔の話じゃないですよ?
2006年のアメリカの話です。
で、進化論を総合的に論じる本が必要だ、と思った、というんですね。

正直ここらへんはピンときません。
現代の日本で暮らしてる人間で、人間が一番偉くて、動物は人間のために神様が作ってくださったものだ、なーんて思ってる人がいるでしょうか?
(関係ないですが、私が「山月記」を名文だ、と思ってるのに、いまいち好きになれないのは、どっかで虎になってなにが悪い、と思ってるからなんですよね〜)
でも、キリスト教の人たちはそう思うらしいんですよ。
そうして、日本で人類の祖先はおサルさんだよ、といわれて、それは侮辱だ、と怒る人っていないだろうと思いますが、ヨーロッパでは怒るわけですよ。

なぜあんなにもヨーロッパは、人間は特別な存在だ、と証明したいのだろう、と常々不思議に思ってる身としては、ラスト、この本の著者の、人間は特別な存在ではなくて、無数の偶然によって生まれた生物の一つに過ぎないのだ、という結論は当たり前すぎて拍子抜けします。
そうして、30代のサイエンスライターがわざわざこういうことをいわなきゃならない状況がアメリカにはあるんだなぁ、ということに逆にショックを受けるのです……。
ということを、この著者に伝えてあげたい??
英語ができないのはこういうとき辛いなぁ、と思います。
でも、このなかに書かれている、この20年間に発見された移行化石の話は、はじめて聞くことばかりで、最初は驚きのあまり、私がニュースを聞き逃しているのか?と思いましたが、これだけの情報を全部聞き逃すことはありえないだろう……ということは、やっぱり、新聞もテレビもたいして報道していないのだろうと思います。
クジラの祖先は啼目……つまり、ひづめのある陸上生物だ、という証拠が見つかったのは21世紀になってからだ、とか、ヒト科の仲間が山のように見つかっていた(ただし、すべて絶滅しています。現在の地球には、私たちしか生き残ってないのです)とか、この本は知らない新しい情報満載で、古生物学の本をこれは廃棄するべきかどうかでいつも悩んでる図書館員は、絶対読むべき一冊です。

文庫: 534ページ
出版社: 文藝春秋
サイズ: 15.2 x 10.6 x 2 cm

2015/11/02 更新
ビジュアル版 世界の歴史

ビジュアル版 世界の歴史
監修:増田 ユリヤ

遅くなりました。
子ども用のビジュアル世界の歴史、をご紹介いたします。
いままでこういう本はないわけではありませんでしたが、みんな大人用で分厚く、難しかった……。
それの子ども版が欲しいなーとずっと思っていたので、大変嬉しいです。
デザインもうまく、文章も読みやすいよ。
大人が自分の教養のために読むのもいいでしょう。
バランス良く、一通りのことが頭に入るよ。
学校図書館は必買いね!

大型本: 320ページ
出版社: ポプラ社
サイズ:: 28.5 x 22.5 x 3.2 cm

2015/10/30 更新

小学校6年間の算数が6時間でわかる本

小学校6年間の算数が6時間でわかる本
著:間地 秀三

大人が小学校六年間で習う算数のおさらいをするにはいい本です。
でも、こんなに難しいことやってるのかなぁ、と思ったくらい、難しいよ。
中高では役に立つかも。

単行本(ソフトカバー): 117ページ
出版社: PHP研究所
サイズ: 25.4 x 17.8 x 1 cm

2015/10/29 更新

イソップのお話から

イソップのお話から
著:バーナデット ワッツ
訳:やがわすみこ

どこかの国語の教科書に、イソップの犬と肉、の話があって、イソップの絵本はないかときかれたときに見つけた一冊です。
ワッツのイラストなので可愛くて優しいタッチに仕上がっています。

単行本
出版社: 西村書店
サイズ: 32.2 x 24.4 x 1 cm

2015/10/28 更新

てまえみそのうた

てまえみそのうた
著:小倉 ヒラク、コージーズ

驚くべきことに、歌と踊りがついた(CDつき!)味噌作りの絵本です。
まあ確かに、この通りやったら、お味噌、作れそうな気もします。
もっと突っ込んで欲しいところもありますが、とりあえず一番わかりやすいお味噌の作り方本なことは確かです。
賞も、もらってます。

大型本: 35ページ
出版社: 農山漁村文化協会
サイズ: 21.2 x 18 x 1.4 cm

2015/10/27 更新

声に出して読みたい 小中学生にもわかる日本国憲法

声に出して読みたい 小中学生にもわかる日本国憲法
著:齋藤 孝
イラスト:ヨシタケ シンスケ

とても読みやすい日本国憲法の絵本です。
憲法の本としては一番易しくて、対象年齢も問わないので学校図書館は買い!です。

単行本(ソフトカバー): 112ページ
出版社: 岩崎書店
サイズ: 1.2 x 21 x 15 cm

2015/10/26 更新

BOOKMARK(ブックマーク) 第1号

BOOKMARK(ブックマーク) 第1号
金原瑞人氏から、可愛いブックレットをもらいました。
この01号が、2015秋号だそうで、これからも作るつもりらしい。
裏表紙に、なんと、二号の宣伝してあるから😁
15冊の本を選んで、解説はそれぞれの訳者が書いてます。
どれも面白そうで、読みたくなります。
翻訳ものはいまや、風前の灯。
地方の本屋にいくと、一冊もないときがある……😢
ツイッターで申し込んで、送料負担すれば送ってもらえるらしいが、誰がそんな面倒なことをしてるのか?
大変だから、できたら、人数まとめて申し込んでやってくれ。
あ、でも、1号はもうなくなっちゃったらしい。
全国の図書館には配ったらしいから聞けば出てくるかも。
でもこのサイズだとどっかいっちゃってる可能性もー。
公共は、手にいれたら、この本たちでフェアやるといいですよ。
見映えする。

冊子:(CDケースの大きさ)24ページ
発行人:金原瑞人

このブックレットについての詳しい情報はこちらで!
→ http://www.kanehara.jp/bookmark/

2015/10/23 更新

今月のつばさ文庫です。

今月のつばさ文庫です。
今月のつばさ文庫です。

2015/10/22 更新
カボチャのなかにたねいくつ?

カボチャのなかにたねいくつ?
作:マーガレット・マクナマラ
絵:G・ブライアン・カラス
訳:真木文絵

久しぶりのブライアン・カラス……。
久しぶりの優れもの絵本です。
ハロウィーンのオレンジカボチャがでてくるので、ハロウィーンにも使えます。
来年買う本リストに入れて おきましょう。
でも、テーマはアクティブラーニング、です。
大中小のカボチャに対し、先生は種の数を予想させます。
そのあとなかから種を抜き出しますが、子どもたちには種をどうやって数えるか考えてきなさい、という宿題をだして、先生はせっせと種を洗い、乾かします。
さて、翌日それぞれ考えてきた数えかたで数えてみると……。
発表のあと、カボチャを観察させ、なぜそうなったのか、を考えさせ、とこの先生の授業は完璧です。
子どもたちの負担は最小、楽しくわかりやすく、明快に答えがみつかる謎のだしかた、のうえに、観察がなぜ大切か、まで理解させてしまう……。
アメリカのアクティブラーニングってこんなふうにやってるのね、でした。

大型本
出版社: フレーベル館
サイズ: 26.8 x 21.8 x 0.8 cm

2015/10/21 更新
大食いフィニギンのホネのスープ

大食いフィニギンのホネのスープ
作:カンブリア・エバンズ
訳:川島 誠

大食いフィニギンの骨のスープ
ハロウィン本の一冊です。
ストーリーは昔話の「石のスープ」と同じー。
一つ一つの道具だてが不気味で可愛いです。

大型本: 32ページ
出版社: BL出版
サイズ: 26.4 x 26.2 x 1.4 cm

2015/10/20 更新


601 番〜 610 番を表示 (全 947 枚)« 1 ... 52 53 54 55 56 57 58 59 60 (61) 62 63 64 65 66 67 68 69 70 ... 95 »