ホーム |  お知らせ |  かん子の予定 |  サイトマップ |  お問い合わせ  


かんこしんぶん
通信販売に関して
リンクのご案内
図書館用品はお任せください!
サイト内検索
ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録


こちらのコンテンツでは、かん子先生おすすめの本を一日一冊ずつ、ご紹介しています!
特に図書館司書の方は必見です!


赤木かん子の「今日の一冊 Total:886 (886)

   

全リスト(最新順)

691 番〜 700 番を表示 (全 886 枚)« 1 ... 61 62 63 64 65 66 67 68 69 (70) 71 72 73 74 75 76 77 78 79 ... 89 »

少しかしこくなれる単位の話

少しかしこくなれる単位の話
シンプルですが見やすい単位の本です。なによりもその低価格に驚く。
600円よ!
600円!
コンビニ売りなんで、刷り部数が半端でないのだと思いますが、それにしてもどうやったらその値段がだせるのか?
中学なら使えるでしょう。

単行本: 125ページ
出版社: 笠倉出版社
サイズ:20.6 x 14.8 x 1.8 cm

3/16 更新
みつけてごらん! のりもの―楽しみながら300ののりものにであう知育絵本

みつけてごらん! のりもの―楽しみながら300ののりものにであう知育絵本
ダウン・シレット

ピッカピカの乗りもの絵本です。
小さい人のための絵本もすっかり様変わりしました。
かっこいーねー!
えーと、簡単ですが、みっけみたいな仕掛けになってます。


単行本: 48ページ
出版社: 主婦の友社
サイズ:30.2 x 25 x 1 cm

3/13 更新
遥かなるセントラルパーク

遥かなるセントラルパーク
著:トム マクナブ
原著:Tom McNab
翻訳:飯島 宏

遥かなるセントラルパーク
が復刊されました!
びっくり。
すっごくいい本だけど、地味なんだよ。
懸賞金かけてアメリカ横断マラソンする話で、1日60キロ走らなければならない過酷なレースの物語です。ずっと走ってます。地味だろ?
それが血湧き肉踊るんですよ。
村を飢えから救うために走る青年がいる…、執事連れで毎晩正装して食事するイギリス貴族がいる…、ドイツ民族の優秀性を証明するために派遣されてきたナチスの若者たちがいる…、といった具合に波乱万丈、エンターテインメントの鏡みたいな作品です。
退屈してたら読んでみ?
吹っ飛ぶよ。

文庫: 357ページ
出版社: 文藝春秋
サイズ:15 x 10.6 x 2 cm

3/12 更新
THE BOOK OF TREES―系統樹大全:知の世界を可視化するインフォグラフィックス

THE BOOK OF TREES―系統樹大全:知の世界を可視化するインフォグラフィックス
著:マニュエル・リマ(Manuel Lima)
翻訳:三中信宏

これまだ見てない。
でも、司書は必読書のような気がする。だって、学問の基礎は定義と分類で、図書館は学者と学者の卵(一般人全員もここにふくむ、子どもたちも)のバックアップをする機関だからね。
司書は仕事のくくりのなかでは“学者”の一族なんだから。


この本の翻訳をした先生の講演を聞きました。

分類するということと、可視化するということの話でした。
とても共鳴するというか、根本は同じなんだ、という気持ちになりました。
他に、日大芸術学部の木村先生と、牧野植物園の田中先生の話を聞きました。
科学描画の講演会でした。

単行本: 216ページ
出版社: ビー・エヌ・エヌ新社

3/11 更新
スケッチで実験・観察

スケッチで実験・観察
編著:内山裕之

アンリ・ファーブルのきのこの図鑑で、博物画、という言葉を覚え、ル・ドゥーテの「バラ図譜」を知り(河出が出してくれたから)牧野富太郎の原画を見、長崎市がだした「グラバー魚譜」に感嘆し(日本人て、うまい)ようやく博物画、なるものがあったんだな、カメラがなかった昔は……、ということを飲み込んだ理科嫌いですが、はて、ときがつくと、それをどうやって描くのか、という本はなかった。
昔も本じゃなくて、口伝だったんだろな、と思うけど。
それをようやく見つけましたよ。
去年の春にでてたのね。
なんと、星の環会だ。
なんだ、栗山社長、教えてくださいよ。いい情報は。
やったことない素人がやってみるのにはわかりやすい本です。
全然絵心のない向きは……、そうねえ、キミコ方式のお世話になるとして。
一冊は欲しいです。
これの小学生バージョンも欲しいなぁ。


単行本: 164ページ
出版社: 星の環会
サイズ: 25.6 x 18.2 x 2 cm

3/10 更新
いきものしゃしん あいうえおのえほん

いきものしゃしん あいうえおのえほん
監修:今泉忠明

あいうえお、を書く本のことは考えたことありませんでしたが、考えてみれば一年生には、必要と思います。
動物の名前は、えっ?カタカナだろ?とはおもいますが、ほかのものよりは書きやすいと思います(書きたい、と思う)。
大きくて見やすいです。

大型本: 96ページ
出版社: 金の星社
サイズ:23.2 x 23 x 1.8 cm

3/9 更新
今月のつばさ文庫

今月のつばさ文庫
■ディズニープリンセス ウエディング ストーリーズ 塔の上のラプンツェル/リトル・マーメイド/眠れる森の美女
著:ディズニー・パブリッシング・ワールドワイド 、ワダ ヒトミ

■こちらパーティー編集部っ! (2) へっぽこ編集部VSエリート新聞部!?
著:深海 ゆずは 、 イラスト:榎木 りか

■モンハン日記 ぽかぽかアイルー村 やってきました、ぽかぽか島
著:相坂 ゆうひ 、イラスト:マーブルCHIKO

■ドギーマギー動物学校 (6) 雪山レースとバレンタイン
著、イラスト:姫川 明月  

■新訳 若草物語
著:L・M・オルコット、 ないとう ふみこ 、 琴音 らんまる


■アルセーヌ探偵クラブ 探偵なら30分前に脱出せよ。
著:松原 秀行  イラスト:菅野 マナミ

今月のつばさ文庫でーす

出版社: KADOKAWA/角川書店

3/6 更新
光のモンスター超図鑑、闇のモンスター超図鑑

光のモンスター超図鑑、闇のモンスター超図鑑
著:三輪 清宗

モンスター図鑑1、2です。
こういうところにでてくるものは、とりあえず西洋社会の基本的教養で、名前や性質がわかっていたほうがいいものが多いものです。
読みやすい本がでたら入れましょう
小・中、買いね!

単行本: 199ページ
出版社: ポプラ社
サイズ: 17.4 x 12.5 x 1.4 cm

3/5 更新
ボクはじっとできない 自分で解決法をみつけたADHDの男の子のはなし

ボクはじっとできない 自分で解決法をみつけたADHDの男の子のはなし
著:バーバラ エシャム
イラスト:マイク&カール・ゴードン
翻訳: 品川 裕香

じっとしてられなくて、先生とトラブル続きだった男の子が一計を案じ、自分をコントロールする方法を自力で見つけ出す、というストーリーです。
先生も困ってましたが、なによりも忘れてはいけないのは、自分の脳の暴走に、一番困っていたのは本人だ、ということです。
どうすればいいのか、ということについて、とりあえず子どもたちでも読める初めての本ができました。
子どもの世話をしている大人はぜひ、読んでください。
小・中・高、買いね!

大型本: 32ページ
出版社: 岩崎書店
サイズ:1 x 22.2 x 22.2 cm

3/4 更新
美しい元素

美しい元素
編集:学研教育出版

同じ学研のシリーズ!

単行本: 127ページ
出版社: 学研教育出版
サイズ:20.8 x 15 x 1.2 cm

3/3 更新

691 番〜 700 番を表示 (全 886 枚)« 1 ... 61 62 63 64 65 66 67 68 69 (70) 71 72 73 74 75 76 77 78 79 ... 89 »