ホーム |  お知らせ |  かん子の予定 |  サイトマップ |  お問い合わせ  


かんこしんぶん
通信販売に関して
リンクのご案内
図書館用品はお任せください!
サイト内検索
ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録


こちらのコンテンツでは、かん子先生おすすめの本を一日一冊ずつ、ご紹介しています!
特に図書館司書の方は必見です!


赤木かん子の「今日の一冊 Total:1002 (1002)

   

全リスト(最新順)

721 番〜 730 番を表示 (全 1002 枚)« 1 ... 64 65 66 67 68 69 70 71 72 (73) 74 75 76 77 78 79 80 81 82 ... 101 »

さかなクンの東京湾生きもの図鑑

さかなクンの東京湾生きもの図鑑
著:さかなクン
監修:工藤 孝浩

今週は、夏用セットの本の本のご紹介といきましょう。
さかなクンのお魚本です。
可愛くてわかりやすくて便利!

単行本(ソフトカバー): 176ページ
出版社: 講談社
サイズ: 18.6 x 11.8 x 1.6 cm

2015/7/21 更新

みんなから みえない ブライアン

みんなから みえない ブライアン
作:トルーディ・ラドウィック
絵:パトリス・バートン
訳:さくま ゆみこ

これはいい本です。
イラストも、ストーリーも翻訳もカンペキ!
地味で目立たない、いつもまわりに無視されている男の子が、転校してきた子どもがきっかけで、というか、彼だけがいることに気がついてくれて、みんなの仲間に入れるようになるまでです。
それまでは彼だけがモノクロで描かれていて、そうか、絵画だと一瞬だなぁ、と思いました。
地味ですが、読み聞かせしても、ウケるでしょう。
大なり小なり、こういう気持ちを抱えた子どもは多いでしょうから。

大型本: 32ページ
出版社: くもん出版
サイズ: A4変型(タテ267×ヨコ213mm)

2015/7/17 更新

ハリー・ポッター魔法生物大図鑑

ハリー・ポッター魔法生物大図鑑
著: ジョディ・レベンソン
翻訳: 宮川 未葉  

ハリー・ポッターのビジュアル本、出ました。
かっこいいです。
今年の冬?映画来るそうなので、買っておいてもいいと思います。

大型本: 208ページ
出版社: 静山社
サイズ: 28.5 x 24.5 x 2 cm

2015/7/16 更新

フィチンさん 上

フィチンさん 上
著:上田 としこ

復刻愛蔵版「フィチンさん上」でたよ!
いま連載中のマンガ「フィチン再見(ツァイチェン)」の五巻と同時に「フィチンさん」の復刻版が出版されました。
「フィチン再見」は、昭和30年代「フィチンさん」という少女マンガを大ヒットさせた少女マンガ家、上田としこの伝記マンガです。
そのマンガは昭和32年?あたりの、いまからもう60年近く前に描かれたものですが、子どもに関わる人は必ず読んでほしい、と思うマンガです。
ハルピン一の大金持ち、ワンさんには三人妻がいますが、子どもは三番目の軽薄な若い美人にしかいません。そうしてその子はスポイルされ、苦しみ、意地の悪い子どもになっています。
ワンさんはひょんなことから自分の家の門番の子、フィチンさんと出会い、身分を隠して、彼女を息子のお相手係として雇うのです。
正義感が強く、人情に篤いフィチンは、みんなが腫れ物にさわるようにしていた坊っちゃんに“ツーンする人とは遊びませんっ!”とタンカを切り、外遊びに連れ出し、もともとはとても賢い坊っちゃんに幸福を取り戻させてやります。
ここには児童文学のすべてがあります。
しかもとても完成度の高い状態で……。
上田としこがなぜ重鎮として認められてこなかったのか、本当に不思議です。
「フィチン再見!」は日本が戦争に負けたところに差し掛かっています。
金持ちお嬢だった上田としこの側から見た日本は、いままで教わってきた日本の歴史、ともちょい違っていて感慨深い。
フィチンともども「フィチン再見!」も読んでください。

コミック: 480ページ
出版社: 小学館
サイズ: 18 x 12.8 x 2.2 cm

2015/7/15 更新

IPPO 1

IPPO 1
著:えすとえむ

地味?ですが、ものつくりの話が好きな人には面白いでしょう。
イタリアの有名な靴職人一族の一人が日本で靴屋を開きます。その孫が21才で東京で靴屋を開きます。
一足30万の、注文靴の店をーー。
自分の目指す靴はなんなのか、はイコールどう生きるか、生きたいか、です。
職人側からも、注文する側からも、です。
どんな靴が欲しいのか?
と聞かれたら、あなたなら、なんて答えますか?

コミック: 170ページ
出版社: 集英社
サイズ: 18 x 12.8 x 2 cm

2015/7/14 更新

ちしきのぽけっと (20) かき氷 天然氷をつくる

ちしきのぽけっと (20) かき氷 天然氷をつくる
著: 伊地知 英信
写真:細島 雅代

天然かき氷の、氷の作り方、の写真ドキュメンタリーです。
前にテレビでも見ましたが、あのおいしい氷を作るには人の手入れがいるんだよね、というより、人が自然の力を借りて、作る、んだよね。
表紙が美味しそうで飾るのにもいいし、作り方がわかって楽しいです。

大型本: 36ページ
出版社: 岩崎書店
サイズ: 0.9 x 22.2 x 26.7 cm

2015/7/13 更新

職業は武装解除

職業は武装解除
著:瀬谷ルミ子

武装解除…。
耳慣れない言葉ですが、紛争が終わったあと、兵士たちから武器を回収して職業訓練をほどこし、一般人として生きられるようにすること、だそうです。
2011年、世界が尊敬する日本人25人、に選ばれなかったら、ほとんどの日本人は、そんな職業があるということを知らなかったでしょう。
仕事、とは、誰かが必要とすることから生まれるものですが、確かに、そういうことをしてくれる人は、必要だよね。
プロは世界でも100人ほどしかいないそうですが、まだ、30代の彼女がどういう道をたどってそうなったのか、知りたいかたはぜひ、お読みください。
キャリア教育では、こういう本を集めようよ。


単行本: 192ページ
出版社: 朝日新聞出版
サイズ: 19.4 x 13 x 1.8 cm

2015/7/10 更新

おもち The MOCHI recipe book

おもち The MOCHI recipe book
著:入江 亮子

なんか、食べ物の本ばかり続くね。
お餅の本、正月飾りにあるといいな、とずっと思ってました。
これ、デザインいいです。
あ、もちろん、なかみは、お餅の食べ方のレシピです。

大型本: 111ページ
出版社: 成美堂出版
サイズ: 21 x 20 x 1 cm

2015/7/9 更新


雑草が面白い その名前の覚え方

雑草が面白い その名前の覚え方
盛口 満 (著)

以前、自由の森学園にいた、理科のゲッチョ先生(いまは沖縄に住んでます)が書いた雑草の本です。
えーと、いま流行りのビジュアル系ではありません。
字ばっかりです。
テーマは、雑草です。
そもそも、もともとあまり、派手じゃないね。
でも、素人向きで文章はうまいし、全然基礎知識のない人でもラクラク読めます。
こういう本は大変ありがたい!

ムギやイネの話もかなり入ってて、司書は読んどいたほうがいい一冊です。

単行本:263ページ
出版社: 新樹社
サイズ:20cm

2015/7/8 更新

あした あさって しあさって

あした あさって しあさって
著:もりやま みやこ
画:はた こうしろう

ことば、をテーマにしてる物語です。
“しあさって”お父さんが帰ってくるよ、といわれた坊やが、一晩寝るとあさってになり、あしたになり、今日になる……。
よくできてます。
読み聞かせにも使えそうです。


単行本: 63ページ
出版社: 小峰書店
サイズ: 21.2 x 15 x 1.6 cm

2015/7/7 更新


721 番〜 730 番を表示 (全 1002 枚)« 1 ... 64 65 66 67 68 69 70 71 72 (73) 74 75 76 77 78 79 80 81 82 ... 101 »