ホーム |  お知らせ |  かん子の予定 |  サイトマップ |  お問い合わせ  


かんこしんぶん
通信販売に関して
リンクのご案内
図書館用品はお任せください!
サイト内検索
ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録


こちらのコンテンツでは、かん子先生おすすめの本を一日一冊ずつ、ご紹介しています!
特に図書館司書の方は必見です!


赤木かん子の「今日の一冊 Total:830 (830)

   

全リスト(最新順)

81 番〜 90 番を表示 (全 830 枚)« 1 2 3 4 5 6 7 8 (9) 10 11 12 13 14 15 16 17 18 ... 83 »

昆虫ってどんなの?

昆虫ってどんなの?
著:いしもり よしひこ

ようやく、昆虫の定義を教えてくれる本が出ました。
わかりやすく、読みやすく、グッジョブ!

幼保と小学校は買い!だな。
あ、公共図書館もね。

大型本: 31ページ
出版社: ハッピーオウル社
サイズ: 2017/05

2017/07/14 更新

ブクログサイトはこちらから
→ かん子のブクログ

ながいながい骨の旅

ながいながい骨の旅
著:松田 素子、川上 和生
監修:桜木 晃彦、群馬県立自然史博物館

地球の生物の歴史、をわかりやすく解説してくれた絵本です。
ただ、この話の難しいとこは、いままでの地球の48億年のうち、生き物がいたのはごく最近で、ほとんどなにもいない状態が続くんですが、それをどうしてもうまく表現できないってことですね。
基礎知識をいれるにはいい一冊です。

単行本: 40ページ
出版社: 講談社
サイズ: 26.5 x 25 x 1.4 cm

2017/07/13 更新

ブクログサイトはこちらから
→ かん子のブクログ

物理学者の墓を訪ねる ひらめきの秘密を求めて

物理学者の墓を訪ねる ひらめきの秘密を求めて
著:山口 栄一

これがタイトル通りの本なんだけど、めちゃくちゃ面白かったんだわ。
文字が大きくて読みやすいのもあるし、文章がうまいのも、あと、それぞれの物理学者の墓を訪ねる旅に、著者がその人をどう尊敬しているか説明してくれるんだけど、それがそのまんま、物理学の解説になってるの、それも、素人向けの……。
小学生でも、将来そっちに進む子なら読めるでしょう。
中・高は、買い!

単行本: 248ページ
出版社: 日経BP社
サイズ: 18.8 x 12.8 x 1.6 cm

2017/07/12 更新

ブクログサイトはこちらから
→ かん子のブクログ



すばこ

すばこ
著:キム・ファン
イラスト:イ・スンウォン

鳥類の棚にもう一冊、入れられる本が出ました。
世界で初めて、鳥の巣箱を仕掛けて鳥を“誘致”したドイツの貴族の、これは実話……だよね、です。
そしたら、畑の虫の害が減ったもんでみんなやりだした、そうな……。

確かに、誰か始めた人がいるわけだけど、これは知らなかったな、へぇ〜、だわ。
「牛をかぶったカメラマン」と一緒にどうぞ。

大型本: 32ページ
出版社: ほるぷ出版
サイズ: 26 x 23 x 1 cm

2017/07/11 更新

ブクログサイトはこちらから
→ かん子のブクログ


知っておきたい 日本の火山図鑑

知っておきたい 日本の火山図鑑
著:林 信太郎

地学の本は少ないので、単純に嬉しい。
日本中の火山の事典です。
これからは防災、も小学校のテーマになっていくので、この手の本は必要です。
ただね。
もうちょっとお安いといいんだが……。

大型本: 151ページ
出版社: 小峰書店
サイズ: 29 x 23 x 1.8 cm

2017/07/10 更新

ブクログサイトはこちらから
→ かん子のブクログ


子どものための美術史: 世界の偉大な絵画と彫刻

子どものための美術史: 世界の偉大な絵画と彫刻
著:ヘザー アレグザンダー
イラスト: メレディス ハミルトン
監訳:千足伸行
訳:野沢佳織

原始時代……ラスコーの洞窟画から始まって現代に至るまでの絵画の歴史です。
とてもわかりやすくてよくまとまってます。
これは小・中・高買い!
でしょう。
司書も読んでおいてください。
全部覚えなくてもいいですが、西洋美術史全体の流れは基本的教養の一つです。
これの日本版も欲しいなぁ。
絵を集めた画集はあるんですけどね。

大型本: 93ページ
出版社: 西村書店
サイズ: 25.2 x 25 x 1.4 cm

2017/07/07 更新

ブクログサイトはこちらから
→ かん子のブクログ

子どもの防犯マニュアル

子どもの防犯マニュアル
著:舟生 岳夫

子どもの防犯が必要なことはみんなわかっています。
でも、なにをどう説明すればいいのか、は難しいよね。
この本は、いままでの本のなかでは一番具体的に、わかりやすく、子どもはどう考えるか、動くか、まで解説してくれています。
ただ、やっぱり、どこまでちゃんと実行できるかは難しいですが……。
これは図書館で借りてくるのではなくて自分で買って、一ページずつ、子どもたちと確認しながら読んだ方がいいでしょう。
みんなであーだこーだいいあっているうちに、その家のコンセンサス、が出来上がっていくかもしれません。
案外、子どもの方がいい知恵を持っているかも……です。

単行本: 184ページ
出版社: 日経BP社
サイズ: 18.8 x 13 x 1.8 cm

2017/07/06 更新

ブクログサイトはこちらから
→ かん子のブクログ


ニッポンを解剖する! 東京図鑑

ニッポンを解剖する! 東京図鑑
発行:ジェイティビィパブリッシング

素晴らしくわかりやすい東京ガイドです。
さすがJTB??
東京に修学旅行に来なくても、これとディズニーランドのガイドは中・高は買っといてください。
もし、東京に来るなら小学校もね。

単行本: 160ページ
出版社: ジェイティビィパブリッシング
サイズ: 21.2 x 15.2 x 1.6 cm

2017/07/05 更新

ブクログサイトはこちらから
→ かん子のブクログ

ヤモップさん、ぴたっとかいけつ!

ヤモップさん、ぴたっとかいけつ!
著:松山 円香

新しい主人公、一人登場……??
ヤモリの掃除やさん、ヤモップさんは、どんな高いところでも楽々お掃除できるプロの掃除やさんです(ヤモリの足の裏はファンデルワース力によってピタッとくっつき、楽々剥がせる構造になっているので、つるつるに切り立ったガラスの板でも地上のように走ることができるのです)。
汚れを見たら掃除せずにはいられない、というこのプロ意識……いいねぇ!
イラスト可愛い。
シリーズになるといいなぁ。
新樹社の「もっと知りたいイモリとヤモリ」(近日発売)と組み合わせてみてください。

よし!
これでヤモリの本はOK、と……。

大型本: 32ページ
出版社: あかね書房
サイズ: 30.4 x 21.6 x 1.2 cm

2017/07/04 更新

ブクログサイトはこちらから
→ かん子のブクログ

ファイナルファンタジーXIV 光のお父さん

ファイナルファンタジーXIV 光のお父さん
ファイナルファンタジーXIV 光のお父さん
著:マイディー

面白い本が出ました。
物語?
ゲーム本?
あまりうまくいってなかったお父さんがガンになったのをきっかけに、ゲームを渡し、お父さんがそのゲームを始めると、自分も参加し、影になり日向になり、その勇者を助ける……。
もちろんお父さんはそれが息子だとは知らないわけで、ゲームの世界の匿名性を巧みに活かしたストーリーです。
まあ、横書きだけどね!

でも、これ縦書き無理だかんね!
小・中・高、ためしに入れてみる価値はあると思うよ。
主人公は大人たちだけど……。

単行本(ソフトカバー): 288ページ
出版社: 講談社
サイズ: 19.2 x 13 x 2.4 cm

2017/07/03 更新

***スタッフより***
この度、ブクログに「赤木かん子【公式】のおすすめ本リスト」始めました。「今日の一冊」「LGBTQの棚から」「お風呂でミステリ」をそちらで見られるように移行中です。

ブクログサイトはこちらから
→ かん子のブクログ
 
稀にブクログに載せられない本(ご紹介時点で絶版となっている本や一般に市販されていないブックレット等)については、こちらでのみご紹介となります。

81 番〜 90 番を表示 (全 830 枚)« 1 2 3 4 5 6 7 8 (9) 10 11 12 13 14 15 16 17 18 ... 83 »