ホーム |  お知らせ |  かん子の予定 |  サイトマップ |  お問い合わせ  


かんこしんぶん
来年度の購読会員は受け付けておりません。
通信販売に関して
リンクのご案内
図書館用品はお任せください!
サイト内検索
ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録


こちらのコンテンツでは、かん子先生おすすめの本を一日一冊ずつ、ご紹介しています!
特に図書館司書の方は必見です!


赤木かん子の「今日の一冊 Total:1102 (1102)

   

全リスト(最新順)

811 番〜 820 番を表示 (全 1102 枚)« 1 ... 73 74 75 76 77 78 79 80 81 (82) 83 84 85 86 87 88 89 90 91 ... 111 »

こころにすむおおかみ

こころにすむおおかみ
絵: oba
文・構成:中村光宏HiroEagle
再話提供:北山耕平

ネイティブアメリカンの哲学の本ですが、見開き一枚に三行ほどしかないので、十分読み聞かせできる一冊です。
おじいさんが孫たちに、人の心のなかには二匹の狼が住んでいていつも戦っているのだ、と語り聞かせるお話です。
中身はハイレベルで浅くも深くも使えます。
本物で、なおかつ使いやすい本なんてちょっとないからね。
これまたじゃこめてぃ出版という、あまり馴染みのない出版社。
本探しもむずかしくなってきたなぁ。
日本の各仏教その他も頑張って欲しいものです。
深い教えをわかりやすく説いた本、作って!

大型本: 39ページ
出版社: じゃこめてい出版
サイズ: 25.8 x 18.4 x 1 cm

2015/8/4 更新

ほんとうは なかよし 〜エルモアとアルバート

ほんとうは なかよし 〜エルモアとアルバート
作:ローレン チャイルド
訳:明橋 大二

なんと!
ローレン・チャイルドの絵本が翻訳されました!
版元は一万年堂出版、という、りんごちゃん、というキャラクターで、しつけの本をだしているところです。
いまはどこがなにをだしてくれるのかわからないので、ホント、油断できません。

大型本: 32ページ
出版社: 1万年堂出版
サイズ: 27.6 x 25.6 x 1.2 cm

2015/8/3 更新

にひきのかえる

にひきのかえる
著: 新美 南吉
イラスト:鈴木 靖将

新美南吉の、二匹のカエルが主人公の小話です。
カエルなんで、いま読んでやるのにぴったり。
五分もあれば読めるのと、ラストのオチがきれいに決まるのでテクニックがあまりいらない、読みやすい一冊です。

大型本
出版社: 新樹社
サイズ: 29.6 x 22.4 x 1.2 cm

2015/7/31 更新


るきさん(新装版)

るきさん(新装版)
著:高野 文子

高野文子の「るきさん」の新装版が出ました。
前は文庫になっちゃって読みにくかったからね。
シックな表紙は書き下ろしでしょう。
持ってなかったかたはこの際ぜひ。
おまけマンガが一枚、ついてます。

単行本: 120ページ
出版社: 筑摩書房
サイズ: 20.6 x 14.8 x 1.4 cm

2015/7/30 更新

なぜ? ど〜して? 科学の図鑑

なぜ? ど〜して? 科学の図鑑
編集:オフィス303

永岡書店がまたやってくれました。
くーっ!
憎いねぇ。
「なぜ? ど〜して?科学の図鑑」
小学校低学年で読める解説と文字のサイズ、写真いっぱい、わかりやすい。
ソフトカバーなんで学校に入れるときには、穴あけ糸と綴じが必要ですが、手間をかける甲斐はあるでしょう。
編集は、オフィス303
文章は今井明子さんです。
もっと作って〜!

単行本: 128ページ
出版社: 永岡書店
サイズ: 25.6 x 17.8 x 1.8 cm

2015/7/29 更新

骨の博物館1 動物の骨

骨の博物館1 動物の骨
文:ロス・コルソン
イラスト:サンドラ・ドイル、エリザベス・グレイ、
スティーブ・カーク
監修:遠藤 秀紀
翻訳:黒輪 篤嗣

凄くカッコいい骨の本、出ました。
写真じゃなくて、イラストね。
で、全体に古色つけてて、それが素敵なの。
低学年でも読めるように作ってありますが、大人でも読みごたえ、あります。
2800円と高いけど、でて一カ月で二刷りになってます。
二巻、三巻出るそうなので、請うご期待!

大型本: 96ページ
出版社: 辰巳出版
サイズ: 29 x 22.6 x 1.8 cm

2015/7/28 更新

「おさかなポスト」が教えてくれること―多摩川の生態系を守る山崎充哲

「おさかなポスト」が教えてくれること―多摩川の生態系を守る山崎充哲
著:たけたに ちほみ

これも多摩川本。
読みやすいと思います。

単行本: 128ページ
出版社: 佼成出版社
サイズ: 21.7 x 15.2 x 1.4 cm

2015/7/27 更新

タマゾン川 多摩川でいのちを考える

タマゾン川 多摩川でいのちを考える
著: 山崎充哲

なんかいま、多摩川が人気です。
多摩川は、東京都の一番奥(その山を越えたら山梨です)から羽田まで(羽田空港は河口にあるのです)都内を横断して流れている大きな川です。
この本は文字が大きくて、ドキュメンタリーのなかでは比較的読みやすく、中学年でも興味があるなら読めるだろうと思います。
実際に多摩川行ける人には絶好の読書感想文向きの本でしょう。
考えるところがたくさんあり、書きやすいのです。
遠い人は、自分の近くの川と比べて書くと、書けるよ。

単行本: 180ページ
出版社: 旬報社
サイズ: 13.5 x 2 x 19.5 cm

2015/7/24 更新

釣魚識別図鑑-ここで見分けよう<釣魚識別図鑑>

釣魚識別図鑑-ここで見分けよう<釣魚識別図鑑>
著:小西 英人
編集:中坊 徹次

姉妹編です。
これもわかりやすいです。

単行本: 335ページ
出版社: エンターブレイン
サイズ: 14.6 x 10.6 x 1.8 cm

2015/7/23 更新

釣り人のための遊遊さかな大図鑑-釣魚写真大全

釣り人のための遊遊さかな大図鑑-釣魚写真大全
著:小西 英人
監修:中坊 徹次

釣り人用の本ですが、普通に魚類の本として、学校図書館でも使えます。
とてもしっかりとした内容で、趣味の本は、強い(笑)と思います。

大型本: 400ページ
出版社: エンターブレイン
サイズ: 26 x 21.4 x 3.2 cm

2015/7/22 更新


811 番〜 820 番を表示 (全 1102 枚)« 1 ... 73 74 75 76 77 78 79 80 81 (82) 83 84 85 86 87 88 89 90 91 ... 111 »