ホーム |  お知らせ |  かん子の予定 |  サイトマップ |  お問い合わせ  


かんこしんぶん
通信販売に関して
リンクのご案内
図書館用品はお任せください!
サイト内検索
ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録


こちらのコンテンツでは、かん子先生おすすめの本を一日一冊ずつ、ご紹介しています!
特に図書館司書の方は必見です!


赤木かん子の「今日の一冊 Total:863 (863)

   

全リスト(最新順)

821 番〜 830 番を表示 (全 863 枚)« 1 ... 74 75 76 77 78 79 80 81 82 (83) 84 85 86 87 »

町家えほん

町家えほん
町家えほん

監修:松井 薫
作・絵:山口 珠瑛

京都の町屋の解説絵本です。
よくできてます。
しかし……。
この絵本は音声が欲しい!
京都弁で話して欲しい。
でないとしっくりこない。
こういうときこそ、いまの文明の利器を使って欲しい。
QR、つけて!

単行本: 48ページ
出版社: PHP研究所
サイズ:27.6 x 21.4 x 1.2 cm

2014/07/22 更新

生きもの つかまえたら どうする?

生きもの つかまえたら どうする?
生きもの つかまえたら どうする?

著:秋山幸也
写真:松橋利光

これ、すごーくいいよ!
ソフトカバーの作りもいいし(でも、学校は、絶対穴あけ糸綴じブッカーかけ、しなくちゃいけないけど)題名もいいし(捕まえたらどうする? ほんとにその通り!)写真きれいだし、イラストもじゃまじゃないし、飼いやすさの星マークまでついてるし、なによりも、ページデザインがバツグンにいい!
あぶないやつも教えてくれてるし、目次も索引もついてる(^^;)!
これ、ゼッタイ買い!
ちょいお高めに見えるかもしれませんが、中味はお値段以上ですよ。
複本で買ったほうがいいね!
子どもの本は、こうでなくっちゃ!


単行本: 56ページ
出版社: 偕成社
サイズ:23.6 x 22.2 x 0.6 cm

                2014/07/18 更新
イモムシハンドブック 3

イモムシハンドブック 3
イモムシハンドブック 3

著:安田 守
監修:高橋 真弓
監修:中島 秀雄
監修:四方 圭一郎

この夏の動物の新しい本たちを何冊かご紹介しましょう。
まずは「イモムシ図鑑」3がでました。
1と2もご紹介しましたが、人気があるようで3も出ました。
嬉しいです。
このシリーズはどれもいいので、なにか欲しいものがあるなら、このシリーズを探してみてください。
手軽で軽いのに、とてもきれいなんです。

新書: 108ページ
出版社: 文一総合出版
サイズ: 18.8 x 13 x 1.8 cm

                 2014/07/17 更新


世界で一番美しいイカとタコの図鑑

世界で一番美しいイカとタコの図鑑
世界で一番美しいイカとタコの図鑑

監修:窪寺 恒己
解説・その他:峯水 亮

世界で一番美しいイカ・タコの図鑑…美しいです。
これはもう、買いでしょう。

単行本: 264ページ
出版社: エクスナレッジ
サイズ:25.8 x 21.2 x 3 cm

                 2014/07/16 更新
ミミズ図鑑

ミミズ図鑑
ミミズ図鑑

著:石塚 小太郎
皆越 ようせい

帯にある通り、類書、ありません。初めてのミミズの図鑑です。
とても詳しいです。

単行本: 167ページ
出版社: 全国農村教育協会
サイズ:25.6 x 18 x 1.6 cm

2014.7.15 更新


日本の淡水性エビ・カニ: 日本産淡水性・汽水性甲殻類102種

日本の淡水性エビ・カニ: 日本産淡水性・汽水性甲殻類102種
日本の淡水性エビ・カニ: 日本産淡水性・汽水性甲殻類102種

著:豊田 幸詞
著:関 慎太郎
監修:駒井 智幸

エビ・カニ、の図鑑です。
日本にこんなに、エビ・カニがいるなんて、驚きです。
類書が少ないのでありがたい!

単行本: 256ページ
出版社: 誠文堂新光社
サイズ: 21 x 14.8 x 1.8 cm

ヤドカリ

ヤドカリ
ヤドカリ

著:加藤 昌一
イラスト:有馬 啓人

ヤドカリの本が出ました!
類書ないです。
これは買い、でしょう。

単行本: 223ページ
出版社: 誠文堂新光社
サイズ:21 x 14.6 x 1.6 cm



いつかは行きたいヨーロッパの 世界でいちばん美しいお城

いつかは行きたいヨーロッパの 世界でいちばん美しいお城
いつかは行きたいヨーロッパの 世界でいちばん美しいお城
著:水野 久美

この「世界で一番美しいお城」は、文庫本にもかかわらず、世界の城に関してはこれさえあればいいなぁ、くらいのお得感のある本です。
すっきりしててわかりやすく読みやすい、そうして、とても美しい。
おまけに、ありがたいことに、安い!有名どころはだいたい載ってると思ったなぁ。
記述が正確かどうかまでは、私の知識不足でわかりませんが。
一回見てみてくださいね。
このシリーズ、使えるかも。

文庫: 256ページ
出版社: 大和書房
サイズ:15 x 10.4 x 1.8 cm
植物の奇妙な生活: 電子顕微鏡で探る驚異の生存戦略

植物の奇妙な生活: 電子顕微鏡で探る驚異の生存戦略
植物の奇妙な生活: 電子顕微鏡で探る驚異の生存戦略

著:ヴォルフガング・シュトゥッピー  
著:ロブ・ケスラー
著:マデリン・ハーレー
監修:奥山 雄大
翻訳:武井 摩利

また美しい図鑑がでました。
これまでの“花粉”やら“種子”は買えないわぁ、というとこは、これ一冊でもいいでしょう。
うわぁ、といってもらえます。

単行本: 144ページ
出版社: 創元社
サイズ: 25.8 x 25.2 x 2 cm

終活なんておやめなさい

終活なんておやめなさい
終活なんておやめなさい
著:ひろさちや

これは就職の正反対かなれのはてか……。
ひろさちや先生の
「終活なんておやめなさい」

まず、仏教において、お釈迦様は、死んだら終わり。だから、生きているいまを精一杯行きなさい、とおっしゃってるんだそうな。
死んだらもういいんだから、遺言も書くな、葬式は生きている者に任せろ、葬式はしなくてもいい、などと、思わずぶっとぶようなことを、明快に書いていらっしゃる。
またそれがいちいち、理にかなっていてうなづける。
遺言を書くなんてことは、つまり、自分のしたいように他人を動かしたい、という欲望に過ぎず、そういうオレがオレが、はやめなさい、とおっしゃってるわけですよ。
そうよね。
葬式は生き残ってしまった人々を慰めるためにやるものよね。

ただね、身よりもなくて施設でただひとり、な〜んてときには(私はそうなる可能性大ですが)体は献体、使える臓器はあげる、あげられるとこが残っていれば、の話ですが、持ち物は最小限、連絡先はこことここ、くらいはしとくと、まわりは楽だと思いますが。
一度は読んでおくと役に立つとおもいますですよ、自分だけじゃなくて、友だちにも。

新書: 208ページ
出版社: 青春出版社
サイズ:17.2 x 11 x 2 cm

821 番〜 830 番を表示 (全 863 枚)« 1 ... 74 75 76 77 78 79 80 81 82 (83) 84 85 86 87 »