ホーム |  お知らせ |  かん子の予定 |  サイトマップ |  お問い合わせ  


サイト内検索
ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録


こちらのコンテンツでは、かん子先生おすすめの本を一日一冊ずつ、ご紹介しています!
特に図書館司書の方は必見です!


赤木かん子の「今日の一冊 Total:1136 (1136)

   

全リスト(最新順)

841 番〜 850 番を表示 (全 1136 枚)« 1 ... 76 77 78 79 80 81 82 83 84 (85) 86 87 88 89 90 91 92 93 94 ... 114 »

まぎらわしい現実の大図鑑

まぎらわしい現実の大図鑑
著:アンドレア ミルズ
監修・翻訳:増田 まもる

「信じられない現実の大図鑑」の続編です。
分類は、赤いフクロウ博士のエンタメ総記ね。

大型本: 192ページ
出版社: 東京書籍
サイズ: 27.8 x 22 x 2.2 cm

2015/8/17 更新

弟の夫

弟の夫
著:田亀 源五郎

ある日突然、10年も音信不通だった双子の弟が亡くなった、といって、弟の夫だというカナダ人の男性がやってきた、というところから、このお話は始まります。

ゲイの人たちが主人公のマンガはこの10年、BLジャンルから脱皮して、何冊か、普通に存在するようになりました。
でも、ゲイではない人が主人公の、ゲイがテーマの話はたぶんこれが初めて、だと思います。

高校生のとき、弟に、オレはゲイだから、とさりげなくいわれ、さりげなく、ふーん、と返したものの、本当はどうしていいかわからなかった……。
そうしていま、夫です、といってきた男性に対し、どうしていいかわからない……。
これは、偏見なんて持ちたくない、と思っているごく普通の日本の男性が、自分の枠をゆっくりとはずしていく物語であると同時に、ゲイもストレートも関係ない、家族愛の物語です。
ようやく、こういう話が描ける時代がきたんだねぇ。

コミック: 176ページ
出版社: 双葉社
サイズ: 18 x 12.8 x 2.2 cm

2015/8/7 更新

伝統工芸ってなに?―見る・知る・楽しむガイドブック

伝統工芸ってなに?―見る・知る・楽しむガイドブック
編集: 日本工芸会東日本支部

タイトル通りの本です。
こういう本見るとね、やっぱり、こども用の本て、うまくないな、と思っちゃうよ。
フリガナなんてついてなくても、この本の方がなんぼかマシです。
デザインされてるもん!
そして、デザインされてるってそとは、わかりやすくて、読みやすいってことなんです。

大型本: 71ページ
出版社: 芸艸堂
サイズ大型本: 71ページ
出版社: 芸艸堂

2015/8/6 更新

私のエプロン図鑑

私のエプロン図鑑
著:森 南海子

エプロンの文化論のような本ですが、前半は森さんが集めたエプロンの写真がたくさん載っていて、普通の縫い物の本では見られないようなエプロンにお目にかかれます。
エプロンを作らなくてはいけない学校では参考になるでしょう。
生徒が作るなら奇抜でもいいんだもんね。
というか、既成概念を打ち破らせたい!
後半の文章のとこは、大人には大変役に立ち、かつ、面白いです。

単行本: 142ページ
出版社: 三五館
サイズ: 0.1 x 0.1 x 0.1 cm

2015/8/5 更新

こころにすむおおかみ

こころにすむおおかみ
絵: oba
文・構成:中村光宏HiroEagle
再話提供:北山耕平

ネイティブアメリカンの哲学の本ですが、見開き一枚に三行ほどしかないので、十分読み聞かせできる一冊です。
おじいさんが孫たちに、人の心のなかには二匹の狼が住んでいていつも戦っているのだ、と語り聞かせるお話です。
中身はハイレベルで浅くも深くも使えます。
本物で、なおかつ使いやすい本なんてちょっとないからね。
これまたじゃこめてぃ出版という、あまり馴染みのない出版社。
本探しもむずかしくなってきたなぁ。
日本の各仏教その他も頑張って欲しいものです。
深い教えをわかりやすく説いた本、作って!

大型本: 39ページ
出版社: じゃこめてい出版
サイズ: 25.8 x 18.4 x 1 cm

2015/8/4 更新

ほんとうは なかよし 〜エルモアとアルバート

ほんとうは なかよし 〜エルモアとアルバート
作:ローレン チャイルド
訳:明橋 大二

なんと!
ローレン・チャイルドの絵本が翻訳されました!
版元は一万年堂出版、という、りんごちゃん、というキャラクターで、しつけの本をだしているところです。
いまはどこがなにをだしてくれるのかわからないので、ホント、油断できません。

大型本: 32ページ
出版社: 1万年堂出版
サイズ: 27.6 x 25.6 x 1.2 cm

2015/8/3 更新

にひきのかえる

にひきのかえる
著: 新美 南吉
イラスト:鈴木 靖将

新美南吉の、二匹のカエルが主人公の小話です。
カエルなんで、いま読んでやるのにぴったり。
五分もあれば読めるのと、ラストのオチがきれいに決まるのでテクニックがあまりいらない、読みやすい一冊です。

大型本
出版社: 新樹社
サイズ: 29.6 x 22.4 x 1.2 cm

2015/7/31 更新


るきさん(新装版)

るきさん(新装版)
著:高野 文子

高野文子の「るきさん」の新装版が出ました。
前は文庫になっちゃって読みにくかったからね。
シックな表紙は書き下ろしでしょう。
持ってなかったかたはこの際ぜひ。
おまけマンガが一枚、ついてます。

単行本: 120ページ
出版社: 筑摩書房
サイズ: 20.6 x 14.8 x 1.4 cm

2015/7/30 更新

なぜ? ど〜して? 科学の図鑑

なぜ? ど〜して? 科学の図鑑
編集:オフィス303

永岡書店がまたやってくれました。
くーっ!
憎いねぇ。
「なぜ? ど〜して?科学の図鑑」
小学校低学年で読める解説と文字のサイズ、写真いっぱい、わかりやすい。
ソフトカバーなんで学校に入れるときには、穴あけ糸と綴じが必要ですが、手間をかける甲斐はあるでしょう。
編集は、オフィス303
文章は今井明子さんです。
もっと作って〜!

単行本: 128ページ
出版社: 永岡書店
サイズ: 25.6 x 17.8 x 1.8 cm

2015/7/29 更新

骨の博物館1 動物の骨

骨の博物館1 動物の骨
文:ロス・コルソン
イラスト:サンドラ・ドイル、エリザベス・グレイ、
スティーブ・カーク
監修:遠藤 秀紀
翻訳:黒輪 篤嗣

凄くカッコいい骨の本、出ました。
写真じゃなくて、イラストね。
で、全体に古色つけてて、それが素敵なの。
低学年でも読めるように作ってありますが、大人でも読みごたえ、あります。
2800円と高いけど、でて一カ月で二刷りになってます。
二巻、三巻出るそうなので、請うご期待!

大型本: 96ページ
出版社: 辰巳出版
サイズ: 29 x 22.6 x 1.8 cm

2015/7/28 更新


841 番〜 850 番を表示 (全 1136 枚)« 1 ... 76 77 78 79 80 81 82 83 84 (85) 86 87 88 89 90 91 92 93 94 ... 114 »