ホーム |  お知らせ |  かん子の予定 |  サイトマップ |  お問い合わせ  


かんこしんぶん
来年度の購読会員は受け付けておりません。
通信販売に関して
リンクのご案内
図書館用品はお任せください!
サイト内検索
ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録


こちらのコンテンツでは、かん子先生おすすめの本を一日一冊ずつ、ご紹介しています!
特に図書館司書の方は必見です!


赤木かん子の「今日の一冊 Total:1099 (1099)

   

全リスト(最新順)

891 番〜 900 番を表示 (全 1099 枚)« 1 ... 81 82 83 84 85 86 87 88 89 (90) 91 92 93 94 95 96 97 98 99 ... 110 »

まる・さんかく・しかく

まる・さんかく・しかく
著:久住 昌之
イラスト:久住 卓也

最近のカッコいいデザイナー系絵本の一冊。
これはこれでジャンルができそうなくらい、いま出始めました。
小さいんで、絵本架にいれると、後ろにいってしまいます。
小さい本用の絵本架、いま作ってますんで、できたら活用してや。

大型本: 40ページ
出版社: 小学館
サイズ: 26 x 18.4 x 1 cm

4/2更新
十二支のどうぶつ小噺

十二支のどうぶつ小噺
著:川端 誠

小咄、というのは、ごく短いはなしで、オチがつくものです。
それが12入っています。
なるほど。
これは新しいやりかただ。
一つ一分ほどなので、三つずつくらいに分けて読んでやってもいいかも。

出版社: BL出版
サイズ:28.2 x 20.8 x 1.6 cm

4/1 更新





みんなでつくっちゃった

みんなでつくっちゃった
著:長 新太

初期の長新太の絵本の復刊です。
逆にここまで古いと斬新かつ本質的で今の子にウケるかも。
試してみる価値はあるな。

出版社: 大日本図書 復刊版
サイズ:27.6 x 21.4 x 1.6 cm

3/31 更新
完全版・こっきのえほん

完全版・こっきのえほん
編集:戸田 やすし

トダデザインなんで、なかはピッカピカにきれいです。
でも、なぜこの表紙?
凝りすぎて子どもにはアッピールしません。
調べるときに使うからいいけど。
面だしするときは、なかをあけて飾ってね。


大型本: 212ページ
出版社: 戸田デザイン研究室
サイズ:23.2 x 20.4 x 3 cm

3/30 更新
ガラパゴス

ガラパゴス
著:ジェイソン・チン
翻訳:福岡 伸一

ガラパゴス諸島がどうやって、できたのか、という地学、生物学ミックスの一冊です。
イラスト地味なんで、子どもたちは手を出さないかもしれませんが、大人が読むにはちょうどよいです。
話してやってください。

単行本: 36ページ
出版社: 講談社
サイズ:28.2 x 21.6 x 1.2 cm

3/27 更新
(プラス) -(マイナス) ×(かける) ÷(わる)のはじまり

(プラス) -(マイナス) ×(かける) ÷(わる)のはじまり
著:原島 広至

いいとこに着目したなぁ、と一冊です。
確かに知りたかった!
いまだに、数学の記号ですら、万国共通じゃなかったりするし。
そういうのって、面白いじゃない?
へーっ!
っていうのが。

ただ、なかのデザインが……。
余白がなさすぎるよ。
なんでこうなっちゃったのかなぁ?
二色刷りで650円、という破格のお値段なんで、なにかに連載したのをそのままの形でつくっちゃったのかなぁ、ですが。
でも中味は面白いよ。とりあえず司書は読んどいて損はないでしょう。
ギャラリートークに使えるよ。

文庫: 223ページ
出版社: KADOKAWA/中経出版
サイズ:14.8 x 10.4 x 1.8 cm

3/26 更新

アフリカで誕生した人類が日本人になるまで

アフリカで誕生した人類が日本人になるまで
著:溝口 優司

タイトルだけでも、え〜っ?
面白そう、と思いませんか?
これがまた、文章がうまい!
読みやすいんだわ。
書いてあることが正しいのかどうかの判断は私にはできませんが、面白くて読みやすくてわかりやすいのは確かよ。

新書: 192ページ
出版社: SBクリエイティブ
サイズ:17.3 x 10.7 x 1.3 cm

3/25 更新
世界を変えた24の方程式

世界を変えた24の方程式
著:デイナ・マッケンジー
翻訳:赤尾 秀子

タイトル通りの本です。
正直、読んで正しく理解できる、とはいえませんが(なんせ、物理の公式がぞろぞろ……)デザインは見やすく、おぼろげながら、その公式の輪郭はわかるのでありがたい。
公式見ただけじゃ、数学なのか、化学なのかもわからない門外漢には、公式だけに絞って探せるので助かります。
中学以上は、買ってもいいと思うな。

単行本: 224ページ
出版社: 創元社
サイズ:24.6 x 18.2 x 2.8 cm

3/24 更新

さむがりループとながぐつ

さむがりループとながぐつ
著:まえだ まい

お話はなんてことないですが、イラストはめっちゃ可愛いです。
で、それよりももっと衝撃的だったのは、これをだしたのがアルファポリスだということです。
えっ?ホントにアルファポリス?
でも、同じ名前の出版社なんてありえないよなぁ。
やっぱ、あのアルファポリス?
去年10月に上場して、今や、飛ぶ鳥を落とす勢いのアルファポリスが絵本をだす?
一般の出版社になる気なのかな?
でも下手すると図書館員は、アルファポリスの名前、知らないよね?
どんだけ図書館が世間に遅れてるか、だ。
いまや本屋には“ボカロ”というコーナーができ、おまけに“ボカロコミック”なるコーナーまでできてるのに。
あーぁ

単行本
出版社: アルファポリス
サイズ:22.8 x 17.8 x 1.4 cm

3/23 更新
どうぶつのぎもん (めくってはっけん )

どうぶつのぎもん (めくってはっけん )
監修:小宮 輝之

動物の不思議……たとえば、なんでフラミンゴはピンクなの?
みたいな問いにまじめに答えてる一冊です。
フラップの仕掛け絵本だけど。
答えの文字がすごく小さくて、その分しっかり答えてるし、イラスト可愛いので買い、でしょう。
ただし、学校図書館は、フラップの補修をしなければならないですが。

大型本: 12ページ
出版社: 学研教育出版
サイズ:28.2 x 22.5 x 2.5 cm

3/20 更新


891 番〜 900 番を表示 (全 1099 枚)« 1 ... 81 82 83 84 85 86 87 88 89 (90) 91 92 93 94 95 96 97 98 99 ... 110 »