ホーム |  お知らせ |  かん子の予定 |  サイトマップ |  お問い合わせ  


かんこしんぶん
来年度の購読会員は受け付けておりません。
通信販売に関して
リンクのご案内
図書館用品はお任せください!
サイト内検索
ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録


こちらのコンテンツでは、かん子先生おすすめの本を一日一冊ずつ、ご紹介しています!
特に図書館司書の方は必見です!


赤木かん子の「今日の一冊 Total:1133 (1133)

   

全リスト(最新順)

921 番〜 930 番を表示 (全 1133 枚)« 1 ... 84 85 86 87 88 89 90 91 92 (93) 94 95 96 97 98 99 100 101 102 ... 114 »

だまし絵・錯視大事典

だまし絵・錯視大事典
監修:椎名 健

世界中のだまし絵、の図鑑です。
絵が大きくて見やすい、わかりやすい、作りがうまいです。

大型本: 143ページ
出版社: あかね書房

4/8 更新


おうちピクニック

おうちピクニック
著:きむらゆういち
画:とりごえまり

雨の日に、みんなが遊びに来た……。
で、みんなでハンバーグ作ってハンバーガーにして食べて遊ぶ話です。
なかにいくつか仕掛けがあって、ページを折って包丁にして、トントン玉ねぎ刻むのは、新機軸。
面白いです。

大型本: 24ページ
出版社: 世界文化社
サイズ:26.8 x 23.2 x 1.4 cm

4/7 更新
はらぺこあおむし― (点字つきさわる絵本)

はらぺこあおむし― (点字つきさわる絵本)
著:エリック・カール
翻訳:もり ひさし

なんと、さわれる「はらぺこあおむし」です。
8200円と、こういうものとしては安い、と思います。
よく作ったよね、です。

出版社: 偕成社

4/6 更新
よふかしにんじゃ

よふかしにんじゃ
著:バーバラ ダ・コスタ
イラスト:エド ヤング
原著:Barbara DaCosta
原著:Ed Young
翻訳:長谷川 義史

中国系アメリカ人…だと思うんだけど、中国風の絵本描いてたんですが、今回はなんと、日本だ。
日本の色使い、デザインかといわれると、うーん、と思わなくもないですけど、お話は面白いです。
ネタバレしちゃうから、話せないから、読んでみ?

出版社: 光村教育図書
サイズ:25.6 x 20.8 x 1.4 cm

4/3 更新
まる・さんかく・しかく

まる・さんかく・しかく
著:久住 昌之
イラスト:久住 卓也

最近のカッコいいデザイナー系絵本の一冊。
これはこれでジャンルができそうなくらい、いま出始めました。
小さいんで、絵本架にいれると、後ろにいってしまいます。
小さい本用の絵本架、いま作ってますんで、できたら活用してや。

大型本: 40ページ
出版社: 小学館
サイズ: 26 x 18.4 x 1 cm

4/2更新
十二支のどうぶつ小噺

十二支のどうぶつ小噺
著:川端 誠

小咄、というのは、ごく短いはなしで、オチがつくものです。
それが12入っています。
なるほど。
これは新しいやりかただ。
一つ一分ほどなので、三つずつくらいに分けて読んでやってもいいかも。

出版社: BL出版
サイズ:28.2 x 20.8 x 1.6 cm

4/1 更新





みんなでつくっちゃった

みんなでつくっちゃった
著:長 新太

初期の長新太の絵本の復刊です。
逆にここまで古いと斬新かつ本質的で今の子にウケるかも。
試してみる価値はあるな。

出版社: 大日本図書 復刊版
サイズ:27.6 x 21.4 x 1.6 cm

3/31 更新
完全版・こっきのえほん

完全版・こっきのえほん
編集:戸田 やすし

トダデザインなんで、なかはピッカピカにきれいです。
でも、なぜこの表紙?
凝りすぎて子どもにはアッピールしません。
調べるときに使うからいいけど。
面だしするときは、なかをあけて飾ってね。


大型本: 212ページ
出版社: 戸田デザイン研究室
サイズ:23.2 x 20.4 x 3 cm

3/30 更新
ガラパゴス

ガラパゴス
著:ジェイソン・チン
翻訳:福岡 伸一

ガラパゴス諸島がどうやって、できたのか、という地学、生物学ミックスの一冊です。
イラスト地味なんで、子どもたちは手を出さないかもしれませんが、大人が読むにはちょうどよいです。
話してやってください。

単行本: 36ページ
出版社: 講談社
サイズ:28.2 x 21.6 x 1.2 cm

3/27 更新
(プラス) -(マイナス) ×(かける) ÷(わる)のはじまり

(プラス) -(マイナス) ×(かける) ÷(わる)のはじまり
著:原島 広至

いいとこに着目したなぁ、と一冊です。
確かに知りたかった!
いまだに、数学の記号ですら、万国共通じゃなかったりするし。
そういうのって、面白いじゃない?
へーっ!
っていうのが。

ただ、なかのデザインが……。
余白がなさすぎるよ。
なんでこうなっちゃったのかなぁ?
二色刷りで650円、という破格のお値段なんで、なにかに連載したのをそのままの形でつくっちゃったのかなぁ、ですが。
でも中味は面白いよ。とりあえず司書は読んどいて損はないでしょう。
ギャラリートークに使えるよ。

文庫: 223ページ
出版社: KADOKAWA/中経出版
サイズ:14.8 x 10.4 x 1.8 cm

3/26 更新


921 番〜 930 番を表示 (全 1133 枚)« 1 ... 84 85 86 87 88 89 90 91 92 (93) 94 95 96 97 98 99 100 101 102 ... 114 »