ホーム |  お知らせ |  かん子の予定 |  サイトマップ |  お問い合わせ  


かんこしんぶん
通信販売に関して
リンクのご案内
図書館用品はお任せください!
サイト内検索
ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録


こちらのコンテンツでは、かん子先生おすすめの本を一日一冊ずつ、ご紹介しています!
特に図書館司書の方は必見です!


赤木かん子の「今日の一冊 Total:1003 (1003)

   

全リスト(最新順)

931 番〜 940 番を表示 (全 1003 枚)« 1 ... 85 86 87 88 89 90 91 92 93 (94) 95 96 97 98 99 100 101 »

サザエさんと日本を旅しよう!

サザエさんと日本を旅しよう!
日本地理、の棚は地味です。
少しは明るい本も欲しいな、と思って探したらありました。
サザエさん…。
めっちゃ、明るいです。
各地の名所名物案内も兼ねていて、こうやって、もうひとつのものと一緒に覚えると、案外覚えられるものです。

単行本: 131ページ
出版社: 扶桑社
サイズ:25.6 x 18.4 x 2 cm

2014/09/08 更新

紅葉ハンドブック

紅葉ハンドブック
著:林 将之

そろそろ紅葉の用意もしといたほうがいいでしょう。
文一総合のハンドブックシリーズには「紅葉」があります。
小さくて薄いですが、美しい。
あと、当たり前ですが、紅葉の本は“木”に入ります。
樹木図鑑にも何冊かありますから、図書館でみてみてね。

単行本: 80ページ
出版社: 文一総合出版
サイズ:17.8 x 11 x 0.4 cm

2014/09/05 更新
目でみる単位の図鑑

目でみる単位の図鑑
監修:丸山 一彦
編集:こどもくらぶ

これ、結構面白いです。
確かに。
単位って調べるのが難しい。
見たことも聞いたこともないものがかなりあって、さっと調べるにも楽しみで読むのにもいいです。
コピーして、貼らせてくれないかしら?
ページごとだから、チラ読に、いいよ。

大型本: 95ページ
出版社: 東京書籍
サイズ:29.8 x 21 x 1.6 cm

2014/09/04 更新
治さなくてよい認知症

治さなくてよい認知症
著:上田諭

これは認知症についての本であるが、すべての人が読んでいい本だ。
なぜなら、これは“考え方”の本だからである。
もちろん、著者は認知症のことについて一心不乱に書いておられるし、そのとおりの本なのだが、とりあえず、いまこれが切羽詰まった問題でない人はこの本は手に取らないだろうと思う(例によって表紙もつけてますよ、というレベルだし)。
でも、いま関係ないからこそ、冷静に読める、ということもある。
知識は力だ。
NHKの、クローズアップ現代、や、朝日新聞の記事が間違っている、という話は、司書にはぎょっとする話題である(そしてその一端は、NHKのアナウンサーが認知症の定義をきちっと考えていないことにある。NHKですら、そうなのだ)。
認知症とはなんであるか?
(定義)
誰のために?
何のために?
にこの本は、
認知症になった人のために
病をもちながらもいかに生き生きと生活できるようにするか
だという。
凄く簡単なことだけど、この視点からNHKは番組を作ったことがあるか、といったら、ないだろうなぁ、と思う。
そうして
そのために、医療従事者はなにができるか?
といっているのだ。

わかりやすいでしょう?

認知症の治療とは、認知症者本人の、自己肯定感と自己効力感と自尊心を回復し、維持することだとーー。

このまともすぎるくらいまともな本は、2014年4月にでて、7月にはすでに、4刷りだ。
売れているのでしょう。

でも、私のいままでの経験からするとこういう考え方は日本には馴染まない。
ちゃんと原因を考えて、良くしていこう、という態度はーー。

だからせめて、司書だけは読んでおいてね。
自分のための考え方としても、棚を作るための指針としても。

単行本: 188ページ
出版社: 日本評論社
サイズ:18.8 x 13 x 1.4 cm

2014/09/03 更新
今月のつばさ

今月のつばさ
今月のつばさ、で〜す。

2014/09/02 更新
幕末・維新人物伝 徳川慶喜

幕末・維新人物伝 徳川慶喜
著:井手窪 剛
著:若松 卓宏
監修:加来 耕三


ポプラ社の、コミック版日本の歴史、41
は「徳川慶喜」でございます。
江戸時代も大詰めにきたねえ!

このまま、日清日露までやるのかな?

単行本: 128ページ
出版社: ポプラ社
サイズ: 21.2 x 15.4 x 1.4 cm

2014/09/01 更新
祖父たちの戦争―高知連隊元兵士の記録

祖父たちの戦争―高知連隊元兵士の記録
著:高知新聞社

地方出版なので、公共図書館にも、入っていないかもしれない。
リクエストして入れて。
でもって、読んで。
凄いから。

単行本: 321ページ
出版社: 高知新聞総合印刷
サイズ:19.2 x 12.8 x 2.2 cm

2014/08/29 更新

人体図鑑: 3Dアニメーションで見て学ぼう

人体図鑑: 3Dアニメーションで見て学ぼう
著:リチャード・ウォーカー
翻訳:伊藤 伸子


山と渓谷社が出してた「ボディ」が品切れになっちゃって、がっかりしてたら、化学同人が、これを出してくれました。
「ボディ」とはコンセプトが違うけど、これもステイーヴ・パーカーだから、カッコいいぞ!
それに、安いし。
両方あるなら、やっぱり「ボディ」買うけどさ。
でも、こっちには、こっちにしかない切り口もあるからどっちも買うか。
とりあえず、見てみて!

大型本: 72ページ
出版社: 化学同人
サイズ:27.8 x 21.4 x 1.4 cm

2014/08/28 更新
銀の匙 12巻

銀の匙 12巻
著:荒川 弘

出ました!
「銀の匙12」巻!!
大蝦夷農業高校を舞台の畜産青春マンガです。
11巻は一年生の3月で終わりましたが(つまり、一年間描くのに11巻かかったってことです)12巻はその続きからはじまり、一気に三年の6月まで駆け抜けます。
よかった!

会社立ち上げて父親に企画書出して金出してもらう、といいつづける主人公の八軒にかなりイラついてたんですが(なんで始めから人に金出してもらえると思うの?!)ようやく人の金当てにしないで自分で稼いで、できるとこから始めるということを“思いついた”ようです(正確には八軒じゃなくて、大川先輩が切れていいだしたんで、八軒はまーだ気がついてないかもしんないが)。
元手がなくて仕事始めるのは確かにしんどいけどさ、親の金、当てにするって、それはいくらなんでも甘いよ、甘すぎるっ、んじゃないのかい?
ともあれまともな方向に話は転がり始めました。
来年春の13巻が楽しみです。

コミック: 186ページ
出版社: 小学館
サイズ: 17.4 x 11.2 x 1.8 cm

2014/08/27 更新
子どもと登る はじめての富士山

子どもと登る はじめての富士山
著:関 良一

山の店に服を買いに行ったらありました。餅は餅屋なんだなぁ。
山登りには詳しくないので、内容がどうかはわかりませんが、デザインが上手で読みやすく、わかりやすいので、内容もよいと思われます。

単行本:120ページ
出版社:旬報社
サイズ:20.6 x 14.8 x 1.2 cm

2014/08/26 更新

931 番〜 940 番を表示 (全 1003 枚)« 1 ... 85 86 87 88 89 90 91 92 93 (94) 95 96 97 98 99 100 101 »