ホーム |  お知らせ |  かん子の予定 |  サイトマップ |  お問い合わせ  


かんこしんぶん
通信販売に関して
リンクのご案内
図書館用品はお任せください!
サイト内検索
ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録



こちらのコンテンツでは、かん子先生おすすめの本を一日一冊ずつ、ご紹介しています!
特に図書館司書の方は必見です!


かん子の本 : 赤木かん子の「今日の一冊 : 

[<     4  5  6  7  8  9  10     >]


「多様性と出会う学校図書館 ―一人ひとりの自立を支える合理的配慮へのアプローチ―」

多様性と出会う学校図書館 ―一人ひとりの自立を支える合理的配慮へのアプローチ―

著: 野口武悟、成松一郎

図問研にいって、読書工房の本を仕入れてきたのでご紹介します。
第一弾
「多様性と出会う学校図書館」

なんともそそられるネーミング……。
表紙も柔らかくとっつきやすいです。

そしてなかには、読書障害、全盲から、手話、難聴、からLGBTQまで、実に多種多様……。

そのなかのLGBTQのところに
“カミングアウトしようかどうしようか迷ったけど、横目で見たらセクマイの本がぶわ〜って並んでて……。この人、めっちゃ勉強してくれてはんのかな、と思いました……”
という文章があって、そうだよな、図書館にも、きっちり棚は作るべき!だよね、やっぱり、と思いました。
図書館は、どの子にも味方にならなきゃいけません。

学校司書は熟読玩味するべき一冊です。

単行本: 184ページ
出版社: 読書工房

2018/07/11 更新


ブクログサイトはこちらから
→ かん子のブクログ

[<     4  5  6  7  8  9  10     >]