ホーム |  お知らせ |  かん子の予定 |  サイトマップ |  お問い合わせ  


サイト内検索
ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録



こちらのコンテンツでは、かん子先生おすすめの本を一日一冊ずつ、ご紹介しています!
特に図書館司書の方は必見です!


かん子の本 : 赤木かん子の「今日の一冊 : 

[<     940  941  942  943  944  945  946     >]


「遥かなるセントラルパーク」

遥かなるセントラルパーク

著:トム マクナブ
原著:Tom McNab
翻訳:飯島 宏

遥かなるセントラルパーク
が復刊されました!
びっくり。
すっごくいい本だけど、地味なんだよ。
懸賞金かけてアメリカ横断マラソンする話で、1日60キロ走らなければならない過酷なレースの物語です。ずっと走ってます。地味だろ?
それが血湧き肉踊るんですよ。
村を飢えから救うために走る青年がいる…、執事連れで毎晩正装して食事するイギリス貴族がいる…、ドイツ民族の優秀性を証明するために派遣されてきたナチスの若者たちがいる…、といった具合に波乱万丈、エンターテインメントの鏡みたいな作品です。
退屈してたら読んでみ?
吹っ飛ぶよ。

文庫: 357ページ
出版社: 文藝春秋
サイズ:15 x 10.6 x 2 cm

3/12 更新

[<     940  941  942  943  944  945  946     >]