ホーム |  お知らせ |  かん子の予定 |  サイトマップ |  お問い合わせ  


かんこしんぶん
通信販売に関して
リンクのご案内
図書館用品はお任せください!
サイト内検索
ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録



こちらのコンテンツでは、かん子先生おすすめの本を一日一冊ずつ、ご紹介しています!
特に図書館司書の方は必見です!


かん子の本 : 赤木かん子の「今日の一冊 : 

[<     815  816  817  818  819  820  821     >]


「高崎山のベンツ: 最後の「ボスザル」」

高崎山のベンツ: 最後の「ボスザル」

著:江口 絵理

久しぶりに男らしい男がでてくる本を読んだな〜、と思ったら、猿でした(^_^;)。
日本猿のボス、ベンツです。
でも、猿の世界もそういうのはベンツでおわりみたいです。
表紙の写真もいいし、文章もいい。
すごくおもしろいです。
ただ、もういまの子どもは読まないよな。
こういう形のドキュメンタリー本、というスタイル自体がもう古いんだよね。
でも、大人の本の世界は売れなくなるからすぐ変化してくけど、子どもの本は子どもに読まれなくても学校と図書館に売れればいいわけだから、スタイルの変革が遅れちゃう。
もう児童の本じゃなくて、大人の本として出したらいいのに。
もし、子ども用のドキュメンタリーでだすなら、もう少し本の造りを考えないと読んでもらえないですよ。

単行本: 143ページ
出版社: ポプラ社
サイズ:19.8 x 13.6 x 2.3 cm

4/30 更新

[<     815  816  817  818  819  820  821     >]