ホーム |  お知らせ |  かん子の予定 |  サイトマップ |  お問い合わせ  


かんこしんぶん
通信販売に関して
リンクのご案内
図書館用品はお任せください!
サイト内検索
ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録



こちらのコンテンツでは、かん子先生おすすめの本を一日一冊ずつ、ご紹介しています!
特に図書館司書の方は必見です!


かん子の本 : 赤木かん子の「今日の一冊 : 

[<     79  80  81  82  83  84  85     >]


「文豪の食彩」

文豪の食彩

著:壬生 篤
イラスト:本庄 敬

夏目漱石、正岡子規あたりの文豪を、食べ物の記述から読みとこうとする面白いマンガです。
へー、と思うとちょっと読んでみようかな、という気になるもんですよ。
そのなかの樋口一葉のなかのね、カステラの話なんだけど、上流階級は長崎のいわゆるカステラね、でも東京の庶民は人形焼きに近かったのではないか、という話があるのね。
で、一葉の小説にでてくるカステラは鈴のように丸かった……というんだけど、高知の屋台でカステラっていって売ってるのとそっくりなの。
もしかして、あのカステラが樋口一葉のカステラ?
呑んだあと、あの甘いのを買って帰るのかと前から不思議だったけど、あれもそんなに古いものなの?

コミック: 146ページ
出版社: 日本文芸社
サイズ: 18 x 12.8 x 1.2 cm

2017/04/12 更新

[<     79  80  81  82  83  84  85     >]