ホーム |  お知らせ |  かん子の予定 |  サイトマップ |  お問い合わせ  


かんこしんぶん
通信販売に関して
リンクのご案内
図書館用品はお任せください!
サイト内検索
ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録



こちらのコンテンツでは、かん子先生おすすめの本を一日一冊ずつ、ご紹介しています!
特に図書館司書の方は必見です!


かん子の本 : 赤木かん子の「今日の一冊 : 

[<     14  15  16  17  18  19  20     >]


「美しくなりたいあなたへ」

美しくなりたいあなたへ

著:バーバラ・エナンデル
写真:ピーア・ウリーン
絵:ティッパン・ノーデン
文・監修:藤澤和子
訳:寺尾三郎


LLブックの新しい本ができました!
LLブックの本場、スウェーデンの本で、知的ハンディの女の子二人がお化粧を覚えて、きれいになり、自分に自信を持つようになる話です。
“自分に自信を持つ”というのはとても大事なことで、特に若い女の子にとって、見た目は重要でしょう。
大事なのは外側じゃなくて中身だよ、というのは真実ではありますが、でもそれは、最終ゴールであって、スタート地点ではないのです。
初めから自信がある人にはそれで充分ですが、自信がないから問題になるのでしょう?
ない人に内面を磨け、というのはなにもいっていないのと同じです(いや、もっと悪いな。答えたほうは自分はちゃんと仕事した、とうぬぼれられるでしょうからね。なにもしてないのに!というより、責任回避したのに!)。
自分に自信がない人に、ではどうやったら自信をもってもらえるか……。
小林さんが作った「まゆと    の二人の外出」は、知的ハンディの女性二人が、山の上の施設から、二人だけで初めてバスに乗り、買い物をして帰ってくるだけの話ですが、それでがぜん自信をつけた二人は最終的に施設を出ていってしまった……自立したのだそうです(笑)。
自信があるって凄いことだよね?
たいていの男性が思っているように、女性の化粧は男に見せ、媚びるためにするのではありません。
女性は自分に見せ、自分が自信を持つために化粧するのです。
ハンディがあろうとなかろうと……。
化粧はほかのさまざまなことと同じに、自分が自信を持つための1つの方法です。
LLブックのテーマとしても画期的!
ですが、ごく普通の大人の女性が読んでも心に沁みる物語だと思います。
ぜひ、ご一読を!

そうして、公共図書館には“LLブックコーナー”を作ってください。
偕成社から「線とマニュエル」もでたよね?
それもLLブックコーナーに入れてくださいね。

出版社:埼玉福祉会

2017/10/24 更新


ブクログサイトはこちらから
→ かん子のブクログ

この本のご購入はこちらから
→ 「美しくなりたい あなたへ」

[<     14  15  16  17  18  19  20     >]