ホーム |  お知らせ |  かん子の予定 |  サイトマップ |  お問い合わせ  


かんこしんぶん
通信販売に関して
リンクのご案内
図書館用品はお任せください!
サイト内検索
ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録



こちらのコンテンツでは、かん子先生おすすめの本を一日一冊ずつ、ご紹介しています!
特に図書館司書の方は必見です!


かん子の本 : 赤木かん子の「今日の一冊 : 

[<     5  6  7  8  9  10  11     >]


「九時の月」

九時の月

著:デボラ・エリス
翻訳:もりうち すみこ

中近東が舞台のLGBTQの本が出ました!
凄〜い。
しかも大金持ちのお嬢さんと貧乏人の女の子の恋です。
こういう本は分類するならYAですが、日本の10代にここまで読むだけの(他人にかまってるほどの)ゆとりはないでしょう。
LGBTQの棚に入れるか、もう一般の棚に入れるか、YAコーナーを大人のところに引っ越しさせるか……。
自分のとこのお客さまに、どこにおいたら見つけてもらえるか考えて配置してください。
司書のみなさんは読んでおくほうがいいと思います。
日本の近代化はヨーロッパをお手本にしたので、中近東に関しては、ほぼ、知識がないのが普通ですが、児童書やYAは読みやすいですから。

単行本: 288ページ
出版社: さ・え・ら書房

2017/11/07 更新


ブクログサイトはこちらから
→ かん子のブクログ

[<     5  6  7  8  9  10  11     >]