ホーム |  お知らせ |  かん子の予定 |  サイトマップ |  お問い合わせ  


かんこしんぶん
通信販売に関して
リンクのご案内
図書館用品はお任せください!
サイト内検索
ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録

お知らせ

お知らせ : 【赤木かん子還暦おめでとう企画】 109 追っかけ歴14年
投稿日時: 2017-8-9 9:42:46

追っかけ歴14年   by 篠原まり

かん子さん       還暦おめでとうございます!
かん子さんにはじめてお会いしたのは、2003年だったと思います。
その年、子どもが通う学校図書館を見て、そのあまりの手入れの「されてなさ」に、ぼう然!
司書がいなくて、図書の時間だけ鍵を開けて使い、棚には古い本がぎゅーぎゅーに押し込まれてて、いったん出すと、もう同じところには戻せなくて、ホコリがあちこちたまってて、しかも何故か民話風のタヌキのはく製がある、という学校図書館でした。
「こんな図書館なのに、イマドキの子は本を読まないとか、言えない。我が子の読書環境をなんとかしなくちゃ!」
と思ったのがそもそもの最初です。
図書館ボランティアを立ち上げ、ボランティア仲間のおばあちゃんが持ってきてくれた新聞記事の切り抜きから、かん子さんにつながり、我が子の小学校図書館の改装を監督していただきました。

以来、かん子さんの講座に参加したりお手伝いしたり、勝手に「師匠」とお呼びして「追っかけ」をしております。
かん子さんに言われて司書資格を取り、それが今の仕事につながり、かん子さんのご紹介で児童書を出版することもできました。
かん子さんはわたしの「師匠」で「導師」で「恩人」です。

そんなかん子さんの「教え」は、数知れないんですが、一番最初に、もう本当に天地がひっくり返ったような衝撃を受けたのが
『図書館の棚に本をぎっしり並べてはいけない』
『古い本は抜く』
『本を面出しして、棚の看板にする』
という教え……。

「ぎゅうぎゅうに詰め込むから、背表紙の上のところが破れる」
「子どもの力ではもとの場所に戻せない」
ということはわかっていたのに、それでも
「本がたくさん並んでいるのがいい図書館」
と思い込んでいました。

『古い本がいくら並んでいても、子どもにとっては壁といっしょ』
というかん子さんの言葉を切実に思い知ったのは、子どもの小学校図書館を改装したとき……。

もともとあった本のうち、古い本を1500冊抜いたところ、やってきた子どもたちが
「新しい本が増えたね! 読みたい本がいっぱいある!」
と喜んだのです。

いえいえ、新しい本は一冊も買っていません(夏休みに改装したので、買えなかったのです)。
なのに……
ふる〜い本を抜いて、ちゃんと分類して配架して、ラベル貼って、サイン作って……そして、棚の空いたところに面出ししたら
「新しい本が増えた!」
と、子どもたちが目を輝かす図書館になったのです。

あの時の衝撃と感動を忘れられず、その後、かん子さんを追っかけ続けることになりました。
師匠、これからもよろしくお願いいたします!   
(13年前の小学校図書館改装はブログに記録を残してますので、ご興味のある方はごらんください
  → http://marinonnette.at.webry.info/200707/article_16.html )                       


▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽

かん子のコメント

どこの学校もそうですが、本を捨てると必ず子どもたちは
“本が増えたね!?”
と喜んでくれます。
一番最初にやった小学校で、初めて本の廃棄をしたとき、先生方は、ええ〜っ?こんな立派な本、捨てちゃっていいの〜?
とおっしゃいましたが(まぁ、それが普通の反応だよ)でも30年前の本がどこも壊れもせず、汚れもせず、いまここにある、ということは、この30年間ほとんど読まれていない本だってことだよ?
といったら、納得してくれました。
もちろん、大事な本は捨てませんよ。
でも本だからといってすべてが面白いわけではないでしょ?
特に物語は、つまらなかった本だってたくさんある……。
保管は県立図書館がしてくれるのだから、しがない小学校図書館がそういう本まで保管しなくてもいいでしょう。
面白かった本は読みつぶされ、ボロボロになって捨てられて、もうたいていそこにはないんです。
てなわけでそのとき二千冊ほど捨てたら、子どもたちが、すごーい、本が増えたね!
といってくれたのです。
この一言はありがたかった……。
話に聞いただけなので誰だかわかんないけど、ご協力、ありがとう!
それを聞いた先生方は愕然とし、そのあとがぜん張り切って、そのあと五千冊、捨ててくれました😄。

大人は、本を見ると本だと思うんだが、子どもには興味のない本は壁紙に見えるんだよね、本模様の……。

で、本が少なくなるんじゃないかと心配されたので、机のうえに新刊を山と積み上げてみせたら、またまた驚嘆!

なんで今年はこんなに買えたの?
というので、2800円の本ばっかり買ってたのを、800円の本を中心にしたから三倍買えたの、といったところ、大感動されました😄

本て、値段と中身が釣り合わないんだよね。
むしろ子どもの本は安い本の方が、必死になって作ってるから(子どもたちにこづかいで買ってもらわなきゃなんない本はつまんなかったら死活問題だから)使える本だったりする……。

もちろんそれぷらす、高い本も買いましたよ。
浮かせたお金で荒俣宏の博物大図鑑からDKまで、バンバン買ったさ。

でも本当……。
まずは捨てるのが肝心。
子どもと大人の感性は違うので、子どもの図書館は子どもの皮膚感覚で作らないと子どもたちには“見えない”んですよ。

▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽


印刷用ページ このニュースを友達に送る