ホーム |  お知らせ |  かん子の予定 |  サイトマップ |  お問い合わせ  


かんこしんぶん
通信販売に関して
リンクのご案内
図書館用品はお任せください!
サイト内検索
ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録

お知らせ

投稿日時: 2018-4-19 10:40:00

またまた不可解な事件が起きたよ。
どこからも、真面目な好青年の話しか聞こえてこない19歳が、いきなりピストルで人を打つ?

座間の女性殺しも、理由も目的もわからない

池田小のときは、パターンがあった……。

校門から校庭へ、校庭から教室へ……。

その先はないからそこで終わったが、今回のはさっぱり見えない。


投稿日時: 2018-4-19 9:37:00

出井正道氏からのお知らせです。

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ 

毎年恒例の、科学技術週間がはじまってます(4月16日〜4月22日まで)。
科学技術週間に、「一家に一枚シリーズ」というポスターを文部科学省が作成しています。
下のリンク先から、そのポスター(A3)のPDFダウンロードができますよ。
http://stw.mext.go.jp/series.html




今年の新作ポスターは「量子ビーム」。


量子仮説を発表したプランクさんがノーベル賞を受賞してから100年。
その100年の間に私たちの生活で使われている、量子ビームについて知ることができますよ。

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ 


投稿日時: 2018-4-18 10:32:00

「ピカソのぎょろ目」

ピカソのぎょろ目は
一度見たら忘れられないが。あのひとはバセドウ病だったに違いないと
つい最近になって気がついた

私も同じ病気にかかり
ものみなだぶったり歪んだりして見える
複視となって焦点がまるであわない
ピカソのキュービズムの元は
これだったかと
へんに納得してしまったのだ立体を平面に描くための斬新な方法とばかり思っていたのに
ある時期
彼は
ものみなずれて
ちらんぱらんに見えたに違いない
女の顔も
それを一つの手法にまで高めたのだ

敵らしきものが入ってくると
からだは反応して免疫をつくるのだが
敵が入って来もしないのに
何をとち狂ったか
自分のからだをやっつける誤作動の指令
自己免疫疾患
甲状腺ホルモンがどばどばと出て
眼筋までが肥大して眼球を突出させてしまうらしい

ピカソへのふいの親近感
小さな発見におもわれて
美術史専門の数人に尋ねてみた
「どこかにそういう記載はありませんか?」
みんな
「さあ……」
といぶかしげ

若いときに発病するものなのに今ごろになってこんなものが出てくるとは
「私のからだはまだ若いということでしょうか?」
冗談まじりに尋ねると
「そう思いたければ
そう思っていてもいいでしょう」
と 若い医師は真面目に答えた


茨木のり子さんです


2018/04/18


投稿日時: 2018-4-18 10:28:00

ピュリツァー賞にセクハラ報道 米有力紙の追及姿勢を評価(共同通信) 【ニューヨーク共同】
http://topics.smt.docomo.ne.jp/article/kyodo_nor/world/kyodo_nor-2018041701001391?utm_source=dmg&utm_medium=5

#Me Too運動の報道がピュリツァー賞もらったよ(笑)


投稿日時: 2018-4-18 9:25:00

御岳山にいってきました。
もうツツジ、満開に近かったです。
今年は早い……。
暖かいのね。



(1) 2 3 4 ... 404 »