ホーム |  お知らせ |  かん子の予定 |  サイトマップ |  お問い合わせ  


かんこしんぶん
通信販売に関して
リンクのご案内
図書館用品はお任せください!
サイト内検索
ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録

お知らせ

投稿日時: 2018-11-21 9:11:00

医者が?!
日本人特殊論?
こんなアホらしいことを本気でいままでやってたの?
え〜〜〜っ?
マジですか?
医者ってアタマいいんじゃなかった?
いずこの世界も同じ、なのかなぁ。

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ 

なぜ乳がん治療の現場では“日本人特殊論”が信じられているのか(文春オンライン)
文春オンライン2018年11月17日11時00分
http://topics.smt.docomo.ne.jp/article/bunshun/nation/bunshun-9708


投稿日時: 2018-11-20 13:34:00

辻村ジュサブロー記念館がありました。
棒使い人形ばかりじゃないのが新鮮だった。




投稿日時: 2018-11-20 11:27:00

そうなの!
目の前にあるのに売ってくれなかった!!

↓これ全部


☆ ☆ ☆ ☆ ☆

お待たせしました!展覧会限定グッズ情報です。 - 高知県立文学館

http://www.kochi-bungaku.com/3407/


投稿日時: 2018-11-20 10:25:00

“らいおんハート”という曲を聞くたびになんかちょっとむかつく……のは私だけなのかね?
曲は名曲だと思う。
でも、もれなく歌詞がつくからなぁ。
だいたい、自分が相手を守れるとなぜ思う?
その自信はいったいどこから来るのさ?
そもそも、うーん、守ってもらいたいと思うかと言われたら思わんわよねぇ?
でもって誰かを守りきれるかと考えたら、これまた守れるとはいいきれん。

ちゃちなラブソングなんだから大目にみろよ、とも思うけど、やっぱり腹立たしいんだよなぁ。

リンドグレーンの最高傑作「はるかな国の兄弟」の英語の題名は“ライオンハート”だ。
こっちは正真正銘、苦難を突き抜けた英雄だ。
だからそもそも、歌のタイトルからして気に入らないのかもしれないけど……。

日本じゃ、アメリカのようにカッコいい、強気の女の子の歌はでてこないのかね?


投稿日時: 2018-11-20 9:50:00



ご紹介はかん子のブクログでご覧ください。
→ かん子のブクログ

2018年11月20日


※稀にブクログに載せられない本(ご紹介時点で絶版となっている本や一般に市販されていないブックレット等)については、こちらでのみご紹介となります。


« 1 (2) 3 4 5 ... 520 »