ホーム |  お知らせ |  かん子の予定 |  サイトマップ |  お問い合わせ  


かんこしんぶん
通信販売に関して
リンクのご案内
図書館用品はお任せください!
サイト内検索
ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録

お知らせ

投稿日時: 2017-9-6 10:37:23

篠原さん情報です。
そうだよ!
これ、もっと早くやるべきだったよ。
大金かけてウチナーンチュ大会に帰ってきても、見つけられなくて帰る人多いんだもの。
沖縄の人はヤマトと違って、出てった人を裏切り者だとは思わない。
身内だと思うし、よう帰って来た!
って喜ぶからね。
見つかったらみんな喜ぶよ。

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ 

これ、面白いです!
沖縄県立図書館!
http://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/137076


投稿日時: 2017-9-6 10:22:21

2017年09月15日に、このブックレットが出来上がります。
10冊以上販売していただけるかたは、18日以降に申し出てください。
自然科学のキラキラ本リストつき。
650円です。


投稿日時: 2017-9-6 10:11:57

またしても奄美大島で50年に一度の大雨……。
今年は50年に一度の大安売りだ。
もう何回聞いたか思い出せない……。
おまけにいきなり冬がきた……。
えっ?
秋じゃないの?
と思うけど
めっちゃ寒い。
これは冬だよね〜。
もう朝はヒーターいれるもん。
15分くらいだけど、太陽が昇るまで凍えるんだよ。
もう毛布だして寝てるし……。
また29度とかになるらしいけど、もう35度とかないと、暑くない、と思ってしまう。
みなさん。
気象の本、古くなりますよ?
ゲリラ豪雨、とか載ってないでしょ?
うーん
どうしたもんですかね?


投稿日時: 2017-9-6 10:11:01

投稿日時: 2017-9-6 10:00:00

第十三回

村山槐多

いのり

神よ、神よ
この夜を平安にすごさしめたまへ
われをしてこのまま
この腕のままこの心のまま
この夜を越させてください
あす1日このままに置いてください
描きかけの画をあすもつづけることの出来ますやうに。
ーーー「かいたの歌える」

才気煥発、でも奇行も多く、24歳であっというまに亡くなった鬼才の画家、村山かい多が詩も残していたことはあまり有名ではないかもしれませんが、亡くなったあと、残されたものを遺族と友人がまとめ、一冊になったものは、いまでは青春詩の代表の一つになっています。
最も本人、詩を書いている、という意識はなかったかもしれませんが。
思ったことを思ったままかきなぐったみたいなエネルギッシュなものが多いです。
これなんか、かい多の詩のなかでは一番大人しいほうだけど……。

若いね〜😅

年取るとね、これがテクニックで出来るようになるんだよ。
描きかけの絵をそんなに力入れなくても描けるようにさ。
でも、確かにエネルギーがほとばしり出るような仕事はできないけど。
若いときには若いときの、年よりには年よりの仕事ってあると思います。

だから若いときにはギリギリ体力の許す限り、みたいなことをときにはやった方がいいよ。

年取るとできないから……。
でも、まあ、もういいや、とも思うけど……。
もう一回あれ、やりたいかっていうとねぇ。
正直、もうやりたくない😄

でも、村山槐多の名前は覚えておいてください。

2017/09/06


« 1 (2) 3 4 5 ... 330 »