ホーム |  お知らせ |  かん子の予定 |  サイトマップ |  お問い合わせ  


かんこしんぶん
通信販売に関して
リンクのご案内
図書館用品はお任せください!
サイト内検索
ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録

お知らせ

投稿日時: 2017-7-18 10:32:09

ある小学校司書さんからのレポートです。

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ 

今週、夏休み前最後の図書の際に、読み聞かせの時間を使って、かん子さんの
『読書感想文の書き方』
を子ども達に伝えました。
高知の講習で教わって
「全然知らないよりはー」と思ったのと、この機会を利用しないといけないと思って……。
ただ、最初のクラスは、A3にまとめたものを順に読んで説明しただけでしたが、わかりにくいと反応見てて思ったので、最後は原稿用紙の拡大版で説明しました。

『えー、難しそう』
と言ってた子が、本を借りるときに
『魚が好きだから、魚の本はありますか?』
と聞いてきたり
『私はこの本が好き』
と言いながら、シリーズを借りて帰る子も複数いました🙌

(図鑑で書くときには、すごく好きなジャンルの本を選んで→好きなジャンルのこたは基礎知識があるから,覆爾修遼椶鯀んだのか→動機、△修遼椶里いい隼廚辰燭箸海蹐鮖阿直霰込めて書く→本論、その本を読んでよかったかどうか→結論、を書けば書けるよ、といっているため)
みんなが説明をきいて、どれだけ理解できたかはわかりませんが、少なくとも
『感想文の書き方を聞いたことない!』
というのはこれでなくなる😆と思いました。
なんかみんなが
「好きな本、好きな本」
と言いながら、本を選んでるのをたくさん見られて嬉しかったです!


投稿日時: 2017-7-18 10:07:28

なんと!
カナダのバンクーバー市立図書館に、入っていたそうです。
誰がいれてくれたのか😄
ありがとう!







投稿日時: 2017-7-16 11:43:00

ある小学校司書からのレポートです。
書いてあることの意味、単語、がわからない人は、手近なわかる人(たいてい子ども)に解説してもらってください。
ネットでなにかする、というのは世間に公表する、ということで、たとえば写真撮るだけでその写真データに位置情報が入っていたりする……。
と、人が写っていなくてもどこに住んでいるかバレてしまうのです。
フツーの子どもが読んでわかる本が欲しいです!

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ 

ブックトーク「正しく怖がるインターネット」より
D.S./東京都

夏休み前に5年生一クラスをつかまえることができたので、インターネット関連のブックトーク?をしました。
まず
「スマホ時代のリスクとスキル」
からワンクリック詐欺の例を読みました。
エロ動画を見た挙句…というくだりなので男子がとっても喜びます。
そして、かならず経験者もおり
「請求画面がでたら即×で画面を消してしまえばいい」という話をすると
「放置で大丈夫なんだよね??」
と念をおしてくる(笑)。 ついでに、なぜ親はインターネットで「エロ」関連を検索して欲しくないのか、それはネットでは一足とびに上級者向けの情報に辿りつき、そこでは「エロ」と「暴力」が表裏一体で君たちにはその境目が判別できないからだ、情報は是非恥をかきながら紙媒体から入手してください、という話もしました。  
ついで
「正しくこわがる11歳のインターネット」
から
「インターネットに情報をあげるということは、自宅の玄関に張り紙をすることと同じ、つまりネット上にあげた情報からいつでも簡単に個人情報を割り出すことができる」
という話をしました。 
先の話題の余波で落ち着かない男子に比べて、女子はとてもまじめに聞いている。  
ところで、ブックトークを始める前に、スマホ、タブレット、他インターネットに接続できる機器の所持を尋ねたところ、親兄弟のものなど使用環境にあれど、個人所有者は数名で、話しながら今回のテーマはまだ早いかな?と思ったのです。  
ところが、授業が終わった休み時間、どういうわけか6年男子からタレこみがあり、先程までいやに真面目に聞いていた女の子たちが、You Tubeにチャンネルを持っていることが発覚。 
「え!?なに、自分のことだと思って聞いてたからあんなに真剣だったの〜〜」というオチがつきました。 チャンネルをチェックすると登録者数が200名弱。学校の規模と同じくらいだからおそらく半数以上は面識のない人が見ていると思って間違いない。 
コメント欄も確かめると、ほんの少しですが、高校生や大学生と思しき男性からの
「かわいいね、がんばってね」
というような書き込みがある。 
しまった、なりすましの話をしなかった!
と思いました。  
当該女子は図書室の利用もあり、派手でもない見たところフツーの子たちです。  この手の本には必ず
「子どもたちは大人が思っている以上に使いこなしています」
と書いてあります。
私自身もどちらかというとヘビーユーザーなので、わかっているつもりでしたが、甘かった……。 

子どもたちは本当に気軽に使いこなしている。
けれど危険の予測はまったくしていない。そして起こりうる危険は日々パワーアップしている。 
だから子どもの側で、情報を手渡すことのできる大人は自分の手持ちの情報の書き換えを怠ってはならないと思います。
紹介した本
「スマホ時代のリスクとスキル」
「11歳からの正しく怖がるインターネット」
「ネットのルール」
「本当に怖い、スマホの話」
「脱ネット・スマホ中毒」「そのつぶやきは犯罪です」


投稿日時: 2017-7-12 13:04:34

お便り頂きました。

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ 

『本の森図書館をみて』

私は今までかん子さんが公共図書館をどんな風に改装されるのか、サイトの写真では見ていても実際に見たことは1度もありませんでした。
でも、越智町の図書館には行ってみたいなぁ〜と、以前から思っていました。
町ごと(幼稚園や小学校など)改装されるなんて、想像できなかったのです。
それがようやく、先日、越智町の『本の森図書館』を訪問することができたのです!
私は今まで出会った公共図書館では、使いやすい・居心地がいいと思ったことはありません。
でも、越智町には私が想像したこともない素敵な空間が広がる図書館があったのです。
まず居心地がいい!
児童コーナーは学校図書館のようで使いやすいし、思わず駆け寄って、本を手にとってしまう工夫が随所にー。
かんこさんに『柱が4本あってー』とお聞きしていたのに、数えるまでその柱がここにあることに気がつきませんでした。
また、イケアのソファセットが、雑誌コーナーの前にーー。
短いあいだに何度も座っている自分に
『ここ、落ち着くんだ』
と気づきました!
他にもたくさんの別置コーナーがあって、素敵な本がたくさんあって、何度もためいきがー。
実は思っていたより小さい図書館だったのですが
『図書館は大きさじゃないんだ』
と改めて実感しました。
何より地域の方に愛されていて、地域の方の真ん中に公共図書館が存在する。
この図書館がつくられてからも、皆さんの手でさらにつくられ続けていることを痛感したのでした。
ホントに素敵な図書館でした!

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ 


投稿日時: 2017-7-12 12:23:18

本屋さんから、ご報告がありました。
でも、親子読育キャンプ?
?????
そんなの、あるの?
まあ、キャンプにくる子たちならその選択は妥当かも……。
でも
新樹社の「もっと知りたいセミの羽化」
じゃなくて
LLブックの
「セミがうまれるよ」
なのね😄

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ 

少年自然の家で、野外活動と読育を組み合わせた親子読育キャンプがあった。
ランタンの明かりの中、テントの中で親が子に読み聞かせする本をセレクトして展示し、読んでもらいたい本を子どもたちに選ばせたら
『イモリとヤモリ』
『セミがうまれるよ』
が特に人気が高かった。

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ 


(1) 2 3 4 ... 136 »