ホーム |  お知らせ |  かん子の予定 |  サイトマップ |  お問い合わせ  


かんこしんぶん
通信販売に関して
リンクのご案内
図書館用品はお任せください!
サイト内検索
ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録

お知らせ

投稿日時: 2010-12-21 11:23:59

南山大学児童サービス論講評
六班は一人一冊‘友情’がテーマのブックトークでした。
トッブバッターがかがくいひろしの‘がまんのケーキ’だったのには笑えた。
そうね〜、そういわれてみれば、あれは友情、の物語ね(^-^)。
自分たちもやってみて感じた、と思うけど、友情…、だけを狂言回しにして六冊ブックトークは苦しい…。
ブックトークは簡単に見えるけど案外難しいのよ。
目的はなに?
ひとつめは、お客さんにその本を読んでみたいな、と思わせること
ふたつめは濃密で、知的な快感に満ちた時間を過ごしてもらうこと
みっつめは、その本たちを並べることで自分たちのいいたいことを伝えること
でしょう?

「とっても面白いので読んでみてください」
は禁句!
話を聞いて、聴き手がそう感じるようにもっていかなくっちゃぁ!

情緒的なテーマより、昆虫!みたいな具体的なテーマのほうがやりやすいのと、やっぱ魅力的な本を選ぶのがポイント。
つまんない本を面白く魅せるにはテクニックがいるし、あとで読んだ人に詐欺だぁ!っていわれかねない。
高度なブックトークとしては、いま読むにはちょっと古いけど、これをテーマに取り上げたのはこの本が初めてで画期的!
みたいなやりかたもある。
‘少女マンガのなかにレズビアンを登場させたのはこれが最初だと思います’
みたいな、ね。
相手がそのテーマの本を探しているなら、おっ!と思うでしょう?

あとその本のキャラと本人があってないと、初心者はやりにくいですよ。


投稿日時: 2010-12-17 13:16:30

五班は飯野和好の‘ねぎぼうずのあさたろう’のペープサートでした。
まず第一に、みんながほとんど知らなかったのに驚いた。そうか。ちょうどはざまの年齢なんだね〜、でした。
目のつけどころはいいが、これはちょっとみなさんには難易度がたかすぎた選択だったかもしれません。
浪花節なんだもん。
そっか。来年は一回サジェッションする機会を作ろう。そしたら一回浪花節聞け、っていえるよね。
ペープサートは、しっかり絵の面をお客さんに見せること!
フラフラ持たない!メリハリつけて動かす!
あと絵の具か、マジックで描こう!
色鉛筆は見えないよ。
まさかペープサートを色鉛筆で描くなんて想像もしてなかったんで、これは誤算でした。いっとくべきでした。申し訳ない。
あと登場人物の自己紹介はピョンと出て一人ずつ!
使わない人形はお客さんに見えないように下げておく。セリフのあるうちに人形をさげたらいけないよ。
ねぎ汁のとばしかたはもう一工夫。
だからちょっとお話が伝わりにくくなっちゃったね。
でもみんなに演目は好評。
よく頑張りました。


投稿日時: 2010-12-17 13:14:33

四班は冬の本の紹介でした。
うさぎの人形を手にはめた司会者はお上手。
もちろんちょこちょこ直せばもっとよくなるけど、はじめてで、あんだけできたら上等でしょう。
人形を使うときのコツは、必要以上に動かさない、ピタッと止めて使うことです。
本の紹介では、小さすぎる本は見えないのに注意して。
白版をひっくり返してツリーを出現させたのは考えたね〜。
白版を使ってサンタが空を飛ぶのうまいこと考えた。
難をいうなら、歌を歌うなら楽しげに!
音をつけるのは難しいが、歌を入れるならあったほうが楽だよ。


投稿日時: 2010-12-17 13:13:16

この班は、オリジナリティからいったら百点満点!
いままで見たことがないものをやりました。
タイトルわかんなかったけど、つけるなら「美容室」?かな。
のっぺらぼうの顔(なんと、名前はかんこちゃん、だそうだ(^-^))に紙で作った目や眉や髪をつけていって、こんな風にしてください、という客の要求通りにする、という、お化粧ごっこ大学生バージョン!
いや、考えたね。
ただ惜しむらくは、かんこちゃん、を薄い紙で作っちゃったので、つけたりはがしたり、するたびにふわひわしちゃって時間がかかったこと。
あーゆーのはタイミング命!
だからね。
それとやりにくいために、貼り替える人がテーブルの前にでちゃったことだな。
客におしりをむけてはいけまへん。
自分たちがやりやすいようにではなく、客にどう見えるか、が大事で、日本の舞台は基本、平面なので、真正面からみて、見えるように演じなければなりません。でもそれいいだすと、うー、来年は演劇の基礎もやんなきゃなんなくなるな。
15コマじゃ足りないよ〜。
でも感想見ると、みんなには案外好評よ。やっぱ女子!にはウケるネタなんだろ〜な、というのと、斬新さが評価されてます。もう一回やったら見違えるほどうまくできると思うよ。


投稿日時: 2010-12-17 13:10:44

二班の演目はペープサートによる「さんびきのかわいいおおかみ」
ここは一つには題材選びの勝利、ですね。
みんなのコメントも、絶賛の嵐だったよ。
こういう話がウケるのね〜。
ナレーター役の人も上手だったのでききやすかった。ナレーターも絶賛されてたよ〜。
ただ、惜しむらくは、あぁ、いっときゃよかった……言い忘れた、だったんだけど、原本が淡い色だもんで、そのまま色鉛筆でペープサートの人形作ったんだよね。
部屋のサイズ考えたら、見えないよ〜。
でもパペットマーケットのわけちゃん投入は大正解だったね。
半分以上がペープサート採用してました。
やっぱ、見せるもんだねぇ。
みたこともないものはできないもんね。
人形の使い方もまずまず。練習時間あったら幼稚園に、行けるレベルになるよ。


« 1 ... 138 139 140 (141) 142 143 144 ... 165 »