ホーム |  お知らせ |  かん子の予定 |  サイトマップ |  お問い合わせ  


かんこしんぶん
通信販売に関して
リンクのご案内
図書館用品はお任せください!
サイト内検索
ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録

お知らせ

投稿日時: 2017-10-2 10:48:43

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ 

今まで高学年向けに読んでいた『モヤモヤ袋』を先週、2年生に読んでみました。
みんなの視線が食いつき、最後まで息をのんで聞いてくれているのをひしひしと感じました😱
みんなと目が合うんです😂


えっ?!いける?
と思って、今週1年生に読んだら、吸い込まれるように、集中しているのがわかりました😂😂
2年生以上に...

読み終わってから、いつも上から目線で話しかけられていた子に
『先生!ありがとうございました!』
といわれました😂
そこから、ずっと敬語でお話してくれます😓

いちばんのしっかりもののレディがいるのですが、彼女はいつも一番前で正座して聞いてくれていますが、この時は、目は本から離さないけど、ずっと洋服を脱いだり着たりをくりかえしていました😓→ちょっとツラかったのかなあと思いました。

高学年にも読んだのですが、比べると1年生の方が、断然必要とされているように感じました。
1年生、2年生の時にだけ
「モヤモヤ袋が陰のように・・」
というところで
『コワイ..』
という声も聞こえました😓

ホントにひっくりかえったことを感じました。
は〜〜😅
毎週、難問に挑戦してる気がします。

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ 


投稿日時: 2017-9-26 13:49:33

ある学校司書からの便りです。

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ 

1学期にやり残した百科事典の使い方をやっています。

担当校のうち一校は、先生が公開授業(校長はじめ管理職と新任の先生にみてもらう)に選んでくれました。
私は紙芝居と引き方の説明……。
先生が問題を解く方の進行……。
6人グループをさらに2つに分け、背、つめ、はしらで引く 3人、索引から引く 3人。
そして両方の巻とページを合わせてゴール!というゲームもしました。
そして、来週もう1時間とって、問題にどんどん挑戦していくのをやります。

もう一校は、はじめから2時間かけてやって下さい、と言われました。
いわゆる話が聞けず、勝手にいくらでもしゃべる困ったちゃんが多いところなのです。
紙芝居と解説をしても、結構時間がかかりました。
ところが問題に取り組んだら、子どもたちがなかなかやめなかったので、翌週復習を兼ねてもう1時間。
すると、いつもおしゃべりをする子たちが、だんだん夢中になり、嫌なおしゃべりをしなくなっていったのです。
なんと、先生は
「来週も百科事典で出来ることありますか?」
と……。
というわけで、3年生ですが、出来る人は問題を作ってみることにしました。
4週連続で百科事典なんて初めてです(はじめから4週くれてたら、もう少し計画してできたのに、と思いますが、それにしても百科事典バンザイです)。

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ 


投稿日時: 2017-9-19 16:27:33

鹿児島の久川館長の記事です。
マンガの事が記事になりました。

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ 

わたしの
facebookに投稿した記事をはりつけます。
今回は、3冊チョイスしてくださいということでた。

↓ここから facebook記事

9月12日 火曜日
南日本新聞の Westyleで漫画のことを紹介させていただきました(^O^)




私が、マンガを読み始めたのは小学校三年生の時で、三代少女マンガのひとつ『りぼん』を愛読していました。
発売日が近くと、学校帰りに本屋さんの前を通り平積みにされている最新号をみつけると家まで走って帰り、お金を待って自転車に乗って『りぼん』を買いに行っていました。その時、一番最初に読んでいたのが今回紹介した、『ときめきトゥナイト』蘭世ちゃんと真壁くんの恋にドキドキしていました、単なる恋愛マンガではなく、主人公の2人が魔界人という設定で、もしかしたらこんな世界があるのかもと想像力をフル稼働してました。最初に、単行本コミックで集めたのもこの作品でした。あれから30年以上経ちますが、今でも私の手元にコミックがあります。その頃の『りぼん』は今も大好き『ちびまる子ちゃん』が掲載されていて当時、まるちゃんと同じ3年生だった私はそーそー‼️その気持ちわかる‼️と激しく同感しながら読んでいました。
『りぼん』がきっかけとなり、そこからは少女マンガに限らず 少年マンガにも読みが広がりいろんなものを読みましたねぇー^ - ^ 10代はまっていたのが鹿児島出身のマンガ家 井上雄彦さんが描いた『スラムダンク』でした。ちょうど高校生くらいだったと思います。この頃のジャンプには『シティーハンター』『ドラゴンボール』『ぬーべ』などなどおもろいのがどっさり載っていて毎週ジャンプを購入しておりました。その後も今に至るまで、マンガは続く^ - ^
そして、今 どの作品にしようかと迷いに迷って『はたらく細胞』を紹介させていただきました。発売日を楽しみにしている作品です^ - ^

さて、最後に
子どもの頃は、よく『マンガばっかり読んで‼️』と怒られておりました。大人になった今マンガについて改めて思うのですが、マンガだからダメじゃなくて、やはりひとつひとつをどう評価していくかが大切だと考えています。深く掘り下げて描かれている作品もたくさんあります。それを、どう評価するのかが大切です^_^
あと、山川図書館にはマンガもあります。これを目的に図書館にくるようになった子達もおります。そこから、読書の楽しさが広がっていた子も現場でみています。マンガの可能性 大切にしましょう‼️

取材してくださった、南日本新聞のNさん本当にありがとうございます。取材当日は、私の激アツ マンガトークを2時間ほどきいてくださいました。語れと言われたら、まだまだ何時間でも(°▽°) 好きなものはいくらでもはなせるな‼️


投稿日時: 2017-9-19 12:34:17

司書便り

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ 

今週、目次、のワークやった三年生で、特別学級の子が、去年説明した本の成り立ちをすべて1人でスラスラと答えてくれました😆

私も先生もびっくり!!
1年生の時から「文字がよめない」という子で、本も読めないらしく、初めてのワークシートだったので(どうかなぁ?)と心配してたのですが……。

最初に説明始める前に
「覚えてる?」
と聞くとみんな
『前に聞いたよ!』
といってくれて
『巻物だ!』やら、
『折ってある!』
とか口々にいってくれたのですが(この人達は昨年、「百科事典の謎」だけワークシートをした学年です)。

その子だけ、スラスラと「まずは洞窟だよ!そのあと石とかに書いて、木に書いて、巻物にしたの!でも巻くのが大変だったんだよ!」っていったんです😵
どうもあとで聞くと耳から入った情報は、記憶でいえるそうです😵(今年から特別学級に)

その時の話をきっかけに
『あの子スゴイ!』
と言う話が広がっていました!
でその子は誰よりも早く目次のワークシートを仕上げて終わらせていました😆
(図書館情報学が得意?)
子ども達の可能性って、ホントに無限大ってまたもや思いました。
いろんな子のスゴイ一面を今年は見せてもらってます🙌がんばります!


投稿日時: 2017-8-31 12:34:36

小学校司書からのお便りです。
あー、夏休み……終わったんだね〜!

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ 

担当校では、先週の登校日に夏休みの宿題の提出がありました。
子どもたちの読書感想文を読んだ2年生担任の若い男の先生が

「感想文の書き方をやってもらってよかった。なんてったって読むのが楽だった。
はじめに書いたこと、中に書いたこと、終わりに書いた事、が読んでいて掴めました。
あー、ここに動機を書いたんだなとか、ここに自分の体験を入れたんだなとか、とても読みやすくて楽でした。3行を越える長い文はなかったし。」
とおっしゃってくださいました。

そうですね、先生だって脈絡のない文章を読まされるのは大変だったんですよね。


« 1 (2) 3 4 5 ... 140 »