ある学校司書からの便りです。

投稿日時 2017-9-26 13:49:33 | トピック: 図書館情報・作業情報

ある学校司書からの便りです。

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ 

1学期にやり残した百科事典の使い方をやっています。

担当校のうち一校は、先生が公開授業(校長はじめ管理職と新任の先生にみてもらう)に選んでくれました。
私は紙芝居と引き方の説明……。
先生が問題を解く方の進行……。
6人グループをさらに2つに分け、背、つめ、はしらで引く 3人、索引から引く 3人。
そして両方の巻とページを合わせてゴール!というゲームもしました。
そして、来週もう1時間とって、問題にどんどん挑戦していくのをやります。

もう一校は、はじめから2時間かけてやって下さい、と言われました。
いわゆる話が聞けず、勝手にいくらでもしゃべる困ったちゃんが多いところなのです。
紙芝居と解説をしても、結構時間がかかりました。
ところが問題に取り組んだら、子どもたちがなかなかやめなかったので、翌週復習を兼ねてもう1時間。
すると、いつもおしゃべりをする子たちが、だんだん夢中になり、嫌なおしゃべりをしなくなっていったのです。
なんと、先生は
「来週も百科事典で出来ることありますか?」
と……。
というわけで、3年生ですが、出来る人は問題を作ってみることにしました。
4週連続で百科事典なんて初めてです(はじめから4週くれてたら、もう少し計画してできたのに、と思いますが、それにしても百科事典バンザイです)。

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ 




児童文学評論家【赤木かん子】Official Siteにて更に多くのニュース記事をよむことができます
http://www.akagikanko.jp

このニュース記事が掲載されているURL:
http://www.akagikanko.jp/article.php?storyid=3145