ホーム |  お知らせ |  かん子の予定 |  サイトマップ |  お問い合わせ  


かんこしんぶん
通信販売に関して
リンクのご案内
図書館用品はお任せください!
サイト内検索
ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録


ワニが人間に化けて女の先生と入れ替わるお話
2018-05-08 投稿者: yuki7935
40年以上前に小学校の図書室で読んだ本です。

・ある日担任の女の先生が急に休みになり、代わりにおじさんの先生が来る
・おじさんの先生は授業中生徒に教科書を読ませ自分は目を開けたまま寝ている。
・音楽の授業では一人でピアノを弾き歌っている。
・おじさんの先生は実は動物園から逃げ出したワニが人間に化けていた。
・女の先生はこのワニに監禁されていた。

少し怖いお話なのですが、今でも時々この本のことを思い出してまた読んでみたいなと思います。

ご存知の方がおられましたら、よろしくお願いいたします。

この記事へのコメント
2018/07/21 07:04 投稿者: ヤカタ [編集]
大石真『ふしぎなつむじ風(日本の創作児童文学選)』でしょうか。

-----
「ある朝、校庭に黒いつむじ風がおきて、
ヘンな先生がきました。
教えることはデタラメばかり、そのうえすぐおこります。
あやしい先生の正体は? そして担任の桜先生はどこへ?
−−数かずの事件と子どもたちの活躍を、リズミカルな感覚で描いた物語。」

■もくじ■
まえがき
1 朝のあいさつ 6
2 黒いつむじ風 28
3 3+4=5 42
4 給食の時間 67
5 にげだしたワニ 90
6 町と海の夜 109
7 赤い落下さん 138
あとがき 164
そうてい・さしえ 斎藤博之
2018/07/21 07:04 投稿者: yakata95
大石真『ふしぎなつむじ風』だと思います。
2018/07/21 07:04 投稿者: yuki7935
ありがとうございました。
教えて頂いた作者と題名で検索し、
表紙の画像を見て間違いないと確信しました。
でももう絶版になっているようですね。
根気よく古本屋を探してみます。
本当にありがとうございました。

コメント投稿
名前
URL
内容
パスワード

nmBlog v1.5.7 distributed by SAMN Project