ホーム |  お知らせ |  かん子の予定 |  サイトマップ |  お問い合わせ  


サイト内検索
ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録


大きな昆虫の森がある不思議な国を冒険する本です
2019-01-10 投稿者: shinoa
昭和60年〜64年頃、中学の図書室で読んだ本を探しています。
主人公は女の子で飼っている犬と不思議な国に迷い込んで、何やら冒険をする話です。犬は白いのにノアール(黒)だか、黒いのにブラン(白)だか体の色と逆のフランス語の名前だったと思います。フランス語圏の方の作品かも知れません。
迷い込んだ不思議な国は大きな昆虫のいる森があった事は覚えているのですが他の記憶は無く、でもすごくワクワクして面白かった記憶があります。
本には箱のカバーがあったような。表紙の裏には不思議な国の見取り図が書かれていて、感じはプーさんの本の100エーカーの森のように木が多かった気がします。
また読んでみたいので心当たりのある方、どうぞよろしくお願いします。

この記事へのコメント
投稿されたコメントはありません。

コメント投稿
名前
URL
内容
パスワード

nmBlog v1.5.7 distributed by SAMN Project