ホーム |  お知らせ |  かん子の予定 |  サイトマップ |  お問い合わせ  


かんこしんぶん
通信販売に関して
リンクのご案内
図書館用品はお任せください!
サイト内検索
ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録

 よくある質問集

【かんこ先生への質問を募集中!】

★質問はタイトルに必ず「Q&A」とご記載の上、お問い合わせフォームより質問をご投稿ください。
(ご質問する際、会員登録の必要はございません)
ご投稿は下記のテンプレートをコピーしてご利用ください。

■□■□■□■□■□■□■□■

【ハンドルネーム】(必須)
【ご職業】(任意)
【ご質問内容】(必須)

■□■□■□■□■□■□■□■
★ご質問は基本的にこのサイトで公開して大丈夫なものをお願いします。

★頂いた質問に100%お答えできるとは限りません。
 先生のコメントにもあるように時には「皆で考えよう!」的な回答になること
があるかもしれません。すみませんが、ご了承ください。

★個別にお返事はできません。ご質問の回答は Q &Aのページで直接ご確認ください。

ご投稿はこちらから

FAQ(よくある質問と回答)

メインページ »» ユーザからの質問

目次


Q1 購入する際に、どこで線引きをすればいいのか
【Q】
子どもたちが要望する本(小説)を購入する際に、どこで線引きをすればいいのかなぁ?と悩むことがあります。
過激な描写の本など、小学校に置いておいていいのかなぁ
と悩んだり・・
今の子どもたちがふれているものは、過激なものが
多いとは思うのですが、司書としてはどの基準で考えたらいいでしょうか?
公共図書館では選書委員会があるそうですが、
学校では司書の一任で選ぶことになるので、
悩ましいところです。よろしくお願いします。
<大阪府の学校司書さまより>2015/12/15


【A】
理論上は、百年後には、どう判断されるだろう、と考えてください。
百年前、水着は足首までありました。 地球のなかには、髪を切るのは屈辱、なところがあったり、知らない女性と同じ飛行機に乗るのは恐怖、な文化もあります。
文化というものは、生き延びる、といつ視点からは程遠く、常に変化するものです。
百年とはいかなくても、10年後は?5年後は? たぶん、どうってことなくなってない?
なら、いまだっていいでしょう。
図書館員のスタンスは、お客さまが必要な情報は、草の根分けても探しだす! です。
でも、実際上は、あなたが先生方がとトラブルをおこし、クビにならないように、が基準ではないでしょうか?
Q2 日々どういった努力を積み重ねればいいでしょうか?
【Q】
学校司書をしています。 司書としてまだまだ未熟なのですが、 日々どういった努力を積み重ねればいいでしょうか? 早くプロになって、子どもたちに応えられる図書館を 作っていきたいです! よろしくお願いします。 <大阪府の学校司書さまより>2015/12/16


【A】
まずは‘図書館を作れる’ようにならなければなりません。
なので、学校予算でいいですから、NDCの第10版、買ってください。
そうして、二桁までは暗記して、書けるようになってください。
まずはそこからです。
Q23 絵本の棚がすかすかで本が倒れてきます。
【Q】
絵本の棚がすかすかで本が倒れてきます。 ブックエンドはありますが本の重みで逆さハの字に開いてしまいます。 子供たちはたいてい片手だけで出し入れしようとするので(←これは指導もするとして)、使いやすくディスプレイするにはどうしたら良いでしょうか?
<東京都の学校司書さまより>2015/12/22


【A】
ブックエンドには短い足と、長い足がありますね?
本が重いとき、一番最初は
長い足のほうを外側にして使います。
そのために、かたほう、長いのです。

これ、ビジュアル入れられる?

それでもだめなときには仕方がない。

1)高くて重たいブックエンドを導入する。
2)ブックエンドを二枚背中合わせにして両面テープで貼りつけたものを作ります。
 その足の裏に両面テープを貼りつけ、書架の板に貼りつけていくのです。
 他のジャンルでは使えませんが、絵本の棚で、のみ、使える技です。
 つまり棚のなかに、ブックエンドでしきりを作ってしまうのです。
 絵本がなくなったときにめだたないように、棚の奥のほうに貼りつけてね。


投稿された内容の著作権はコメントの投稿者に帰属します。